スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

デッチアップ

201304290001.jpg
当社比2.5倍

皆様、こんばんは。連休如何お過ごしでしょうか?

すっかり、暖かくなってきた関東地方であります。花粉も落ち着きましたし、暑くなるまでの一年で一番気候の良い時期でしょうか。

ジャベリン、チマチマ進めています。

201304290004.jpg

コクピットの塗装を済ませました。当社比2.5倍のなんちゃってディティールアップです。どなたが命名されたのか存じませんが、「デッチアップ」とは言い得て妙ですね。

201304290002.jpg

実機の写真も参照しましたが、後部席のレーダー周りなど、50年代テイストのアナログな感じが素敵です。

201304290003.jpg

計器盤は玉ぐり工具でメータを再現しましたが、72には丁度良い感じです。

201304290005.jpg

コクピットはこれくらいにして、先に進みます。キットは主翼と胴体が上下で分割されています。プラ板を裏打ちして接着シロを稼ぎました。

201304290006.jpg

古いキットに大ぶりな部品なので、合いが心配でしたが、さほど悪くはありません。若干下側の幅が不足していたのでつっかえ棒で調整しました。重りもしっかり搭載。

201304290007.jpg

メデタク、上下合体。主翼端も接着して士の字ならぬ▲の出来上がり。一度サフをぶわっと吹いてこれからパテ修正にかかります。ここからが長くなるやも知れません。

アウトラインに関して、どうも初期型のキットに部品を追加した関係で、機体の後部、ノズルにかけて実際よりも尻すぼみになっているようです。ノズルももっと径が大きいはずなのですが、72ジャベリンのリニューアルに期待してスルーする事にします(笑)

コクピット以外は手を入れない。コクピット以外は手を入れない・・・ブツブツ・・・。

201304290008.jpg
イタレリ F-100F スーパーセイバー

サフの乾燥待ちに、勢い余っても一つ行ったれぇ!
・・・と、言う事で開封しちゃいました。
これも、ジャベリンと一緒におねだりして頂いたキットだったりします。
センチュリーシリーズ、一度作ってみたかったのです。
F-100Dならタミヤから手に入りますが、これはちょっと珍しい複座型。
古いキットを作るときは、楽そうなやつを同時進行すると決めているのです。

さすがに静岡に間に合わせるつもりはありませんが・・・。

201304290009.jpg

シートに、エポパテでクッションと鉛のシートベルトを追加しました。
ゆっくり大切に作らせて頂きます。

本日もお付き合いありがとうございました!

スポンサーサイト
2013-04-29(Mon)
 

あつい・・・

2013007040001.jpg
ぼちぼちと・・・

皆様、こんばんは。ジメジメした梅雨もあっという間に空けてしまい、ムシムシした夏がやってまいりました。ジャベリンをグダグダと完成させましたが、あまりまとまって模型を触る時間が取れません。
かなりの牛歩ですが、F-100をチマチマ進めています。
コクピットまで組んでありましたので、一の字に。実機の写真で見える位置にシートを合わせるとキャノピーと干渉してしまうので、ギリギリの高さでコクピットを合わせました。

2013007040002.jpg

が、全席前の照準器の部品も干渉するじゃないかぁ!
・・・ここは調整し直しです(笑)

2013007040003.jpg

概ね合わせは良好なキットなのですが、別パーツ化された機関砲周りは隙間が発生しましたので、パテ盛りして成形。別パーツの機首インテークは、胴体に対して大きく、段差ができます。ここもガリガリ削りました。

2013007040004.jpg

主翼はバッチリ合います。

2013007040005.jpg

ちょっと仮合せに、合体させてみましょう。なかなかカッコ良いではありませんか!
暑さでモチベも下がり気味ですが、しぶとく作っていこうと思います。

本日もお付き合いありがとうございました。


2013-07-14(Sun)
 

細々と・・・

20130809_1688.jpg
いつもの牛歩

皆様、こんばんは。すっかりめっきり真夏の日本列島、如何お過ごしでしょうか。
暑さでぐったりな時期ではありますが、商売の方は書き入れ時です。4月から二人三脚していた見習いさん(今回はなんと女性・・・汗)もまもなく最後の試験があり慌ただしく過ごしております。
家に帰れば、夏休み中の姫様が手ぐすね引いて待っておりまして、つきましては、ブログの更新、皆様のブログへのコメントも滞りがちで、申し訳ない次第です。
が、暇と言わず隙を見て、ジワジワF-100を進めております。

20130809_1685.jpg

キャノピーをマスクの上、接着。私の調整不足も相まって、フィット感が今一つ。
そこでパテ盛りしてひたすら削り、スジ彫りを再生・・・。
と、やっている事はこれだけなのですが、粗を見つけてはやり直し・・・を繰り返しています。
銀塗装にすることですし、ここはしばし我慢の時でしょうか。
もう少し頑張ってみます。



久しぶり?にお買い物を少々・・・。

20130809_1682.jpg

再販と聞いてエアのMIG29。

20130809_1683.jpg

こちらも再販のブードゥ。

20130809_1684.jpg

近所のブックオフで箱痛み500円だったF-16。
バリバリの現用機をほとんど作ったことが無いので、ちょっと楽しみ♪

いつ作るの?と言う突っ込みはなしで(汗)

本日もお付き合いありがとうございました。
2013-08-09(Fri)
 

しぶとく・・・

20130910_184128.jpg
秋の気配?

皆様、こんばんは。すっかり月刊になるつつあるUsi Worksです。
忙しかったり、暑かったり、色々ありますが「しぶとく」作っています。
大分秋らしく、涼しい風が流れ出しましたし、ペースを上げたいところですね。

眺望「だけ」がウリの我が家ですが、晩夏を思わせる綺麗な夕焼けの日、横浜からうっすら富士山が見えました。

20130910_1691.jpg

さて、前回「黒サフ」「一の字」でお届けしたF-100でしたが、スジ彫り修正を終えて主翼を合体、艶アリ黒を吹いて銀塗装の準備まで完了。銀塗装の塗料をチョイスしました。
今回はフランスのマーキングにすることに決めていたのですが、こちらで実機の写真をみてイメージを練ります。

20130910_1695.jpg

F-100の特徴の一つである、エンジン周りの焼けた表現はこの辺の塗料を動員して挑戦。

20130910_1690.jpg

なかなか思うように行きません。

20130910_143239.jpg

やり直すこと数回、実機の写真とも睨めっこです。

20130910_1694.jpg

ここら辺で妥協(あきらめとも言う)しました(汗)

20130910_1693.jpg

と、言うわけで基本塗装終了。
機体のギラギラした部分はスターブライトシルバー。
主翼と胴体の一部、下面はスターブライトジュラルミンに白を混ぜたもの。
エンジン周りはダークステンレスシルバーで塗っております。
ちょっとコントラストが強すぎた気もしますが、クリアーと汚しで誤魔化せる事を期待(汗)

次はデカールですね。

本日もお付き合い感謝であります。






2013-09-10(Tue)
 

1/72 F-100F SuperSabre (Italeri)

201310030003.jpg
NorthAmerican F-100F French Airforce E.C.3/11 Toul-Rosières 1967

201310030004.jpg

前回(一か月前・・・)基本塗装が終了したところまでお届けしたスーパーセイバーですが、途中経過を一気にすっ飛ばして完成しました(笑)
あまりにも、少しずつ作業していたせいか、途中の写真を撮っていないという、ブログモデラーにあるまじき体たらくをお詫びいたしますm(__)m

201310030001.jpg

キットは、イタレリの好キット。単座型はタミヤから供給されており、どこでも手に入りますが、こちらはちょっと珍しい複座型です。私はこちらの方がスマートに見えて好みです。フランスのマーキングで作りたかった事も有り、先輩にキットをおねだりして譲っていただきました。本当にありがとうございましたm(__)m

201310030002.jpg

パーツは若干太い箇所は有るものの、綺麗なスジ彫りが入っております。部品の合いも良好でしたが、機首のインテーク周りだけは頂けません。他の箇所はしっかりしているのに何故?

201310030005.jpg

以前は鯉のぼりみたいなヘンテコな顔だと思っていたのですが、作ってみると、なかなかスマートなラインの機体でした。と、同時にエンジンを抱える胴体は、どっしりしていて超音速機らしい力強さを感じます。

201310030007.jpg

F-100のトレードマークの一つが尾部のエンジン焼けです。ここの再現は避けて通れません。フランス空軍のF-100の写真を見ると比較的綺麗な機体も有るのですが、今回は一番汚れてる機体を参考に思い切りクドくしました。

201310030013.jpg

コクピットに鉛板でシートベルトを追加しただけで、例によって素組です。
キャノピーは少し段差が気になったのでしっかりパテ埋めして、胴体とフィットさせました。

201310030014.jpg

正面から見ると鯉のぼりかカエルか・・・。

201310030006.jpg

苦手の銀塗装でしたが、一応3種類の銀を使い分けております。少しコントラストが付きすぎましたが汚して落ち着いてくれたでしょうか?
デカールはキット付属の物(カルトグラフ)で、ちょっと硬かったですがマークソフターで、そこそこ馴染んでくれました。透けないし発色の良さは流石と言ったところでしょうか。

201310030011.jpg

ちょっと飛んでもらいましょう(笑)

201310030012.jpg

デカールを貼った後、3/4位つや消しのクリアーを吹き、アクリル塗料で煤けた感じにうっすら汚しました。最後にエナメルの黒でスミ入れして、テレピン油でふき取る際にわざと吹き残してムラを作ります。
この時アクリルが一緒に少し落ちたみたいで、手順の誤りだったのですが、意外とそれらしく見えるのを良いことにそのままです(笑)

201310030010.jpg

目指していた、薄汚れた感じは出せたかなぁと自己満足です。

長くなりましたが、お付き合い感謝であります。




2013-10-03(Thu)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。