スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

続きまして・・・

201404070001.jpg
はじめてます。

皆さん、こんにちは。三連投で完成披露と相成りましたが、K点を超えつつある在庫を消化すべく次にかかります。
もっとも空モノは作れば作るほど収納スペースを食うんですが・・・。
(未完成の箱より完成した方が場所を取る)

まぁ、細かいことは気にせず行きましょう(笑)
BM10周年アイテムをもう一つ!と言うことでF-101ヴ―ドゥー。
元々好きな機体ですが、最近再販がかかったのでちょっと高かったけどお買い上げ、F-100を作った流れもあるし10周年に乗って作ってしまおうという魂胆。
もう一つはマスタングからノースアメリカンつながりでF-86セイバーを行ってみます。ヴードゥーがちょっと手ごわそうな予感なので楽そうなのをチョイスしました(笑)

いつものワタクシのペースからして、F-101が静岡までに完成するかは微妙です(◎-◎;)

201404070002.jpg

早速コクピットから組むのです。ヴードゥーはレベルのキット、例によってインストがどうも不親切です。前脚の収納庫から組んで、脚も着けちまえ!とインストが言うのですが、そんなことしたら塗装の時に不便極まりないのです。
とりあえず、無視してコクピットから。

201404070003.jpg

あまりこだわらず、そのまま作っていますが、後席の計器盤上部に、キャノピーの開閉用のアクチュエーターっぽい物があるらしいので、それらしく作りました。計器盤はノッペラボーなのでデカールを貼ります。サイドコンソールにはモールドが有りますが、デカールと全然合いません(笑)
一度写真のように組みましたが、この後胴体に組み込む関係で、計器盤は位置合わせのために外して付け直しました。

201404070004.jpg

こちらはフジミのセイバー。コクピットと、前脚収納庫と、インテークをまとめて作っちまえ!と言う勇ましい仕様です。で、パーツの方はサクサク組みあがります。

201404070005.jpg

計器盤、サイドコンソール共に素晴らしいモールドが入っています。塗り分けた方が多分映えると思うのですが、デカール貼ってしまいました。だって楽なんだもん(笑)
有りがたいことに、モールドとデカールはピッタリ合ってます。マークソフターで馴染ませればなかなか良い感じになります。

2機とも、一昔前のアメリカ空軍機、使う色も似たり寄ったりで、効率よく進行。
座席にシートベルトのモールドもあるので尚更早く進行しました(笑)
静岡に向けて10周年アイテムのヴードゥーを優先したい所ですが、セイバーの方が何かと手軽に組めそうで先に進みそうな予感がしますです。

本日もお付き合いに感謝です。


スポンサーサイト
2014-04-10(Thu)
 

何だか順調

201404170008.jpg
特記事項なし

皆様、こんばんは。すっかり春らしい今日この頃。暑くもなく寒くもなく気温は快適なのですが、花粉にやられております。日本の四季は厳しい(笑)

さてさて、前回コクピットの完成までお届けしたセイバーとヴードゥーですが、チマチマと進めています。ヴードゥーをメインに合間にセイバーをいじってるのですが、シンプルかつ組み立てやすいキットのためセイバーは特に書くことも無く十の字到達しました。胴体と主翼の合わせは下面を中心にパテ処理しましたが、難儀するような箇所は有りませんでした。
機関砲のモールドをドリルで少し深くしています。

201404170001.jpg

続いてヴードゥー、前脚の収納庫を箱組します。インストでは脚まで組む指示ですが、塗装時に困るので後ハメできるように加工・・・と言うか、合わせが曖昧なので、ほとんど加工しなくても後ハメできそうです。
この上にコクピットが乗る格好で、胴体を貼りあわせるのですが、そのままだと干渉して収まりません。コクピットの床と脚収納庫の天井をギリギリまで削って薄くし納めました。

201404170004.jpg

と、言うわけで羽交い絞めにします。
脚収納庫とコクピットの位置は要調整でしたが、胴体の左右はピッタリです。

201404170009.jpg

胴体下部にはミサイルの収納庫が有ります。ここは実機同様クルクル回転するギミックが付いております。そのまま組むと干渉して回らないので、アチコチ削って調整。支柱はアルミパイプに変えておきました。

201404170002.jpg

主翼の内部にはインテークを組み込む構造です。

201404170003.jpg

寄木細工みたいなパーツ割なのですが、合いはイマイチ。
先に内部のインテークを接着して主翼の上下を貼りあわせた所、インテークの上下幅が足りません。仕方ないので切り離して、主翼の幅に合わせて接着し直しました。


201404170005.jpg

当然、盛大に隙間ができるのでパテ盛りです。

201404170006.jpg

ひたすら削ります。境界層板は分厚くて長さも足りないので切り飛ばします。

201404170010.jpg

境界層板をプラ板でそれらしく作りました。インテークの部品には梁が付いていてがっしり組めるのは良いのですが、胴体と仮組すると幅を取りすぎてるようなので、切れ込みを入れました。

201404170007.jpg

まだ、接着してませんがちょっと合体させてみましょう。
なかなかカッコええ・・・。手のかかりそうな個所はクリアした?ように思うのでこの調子で進めたいところです。

本日もお付き合いに感謝です。



2014-04-17(Thu)
 

花言葉は移り気

201406090008.jpg
季節は巡る

皆様、こんばんは。真夏のような暑さでどうなるかと思いきや、気温も下がり雨が続いてマトモに梅雨入りしましたね。
近所の公園のアジサイが目を楽しませてくれます。なお、花言葉は「移り気」ですって(汗)

201406090006.jpg

静岡で色々と誘惑され、ヴードゥーの完成報告も済みました。
・・・が、「移り気」にならないよう、まずはセイバーを、キャノピーを接着。私のすり合わせがいい加減なせいだと思いますがパテのお世話になります。

201406090001.jpg

で、「移り気」に気を付けるも、静岡で色々と誘惑されまして、一番手を出したいのは複葉機。toyさんと雪風さんのフェリックストゥ揃い踏みとか、yoshiyukiさんのすごすぎる作品を見てしまったからに相違ありません。
でも、いきなりWWIの機体はちょっと守備範囲から外れすぎるので、エレールのSBC-4、初代ヘルダイバーをチョイス。
巷ではエレール最高ザンスと、期待も高まる評価の佳作キットです。

201406090002.jpg

エンジンから・・・キットのパーツも頑張ってるのですが、いかんせん良く見えてしまう構造なので・・・。

201406090004.jpg

ちょっとごちょごちょやってます。もう少し手をかけないといけません。

201406090003.jpg

機体の方にもエレール標準の綺麗な凸モールドが入っていますが、何となく彫りなおし始めました。酔っぱらいは恐ろしい。
凸モールドに沿って彫りなおしています。元のモールドのままに、ちょっとよれたりしますがエレールテイストを残すザンスと意味不明な言い訳で乗り切る事にしましょう。
エレールのプラは昔から柔らかいみたいですが、最近再販されたこのキットも、近年のエアの赤箱みたいな柔らかめで加工の楽な感触です。個人的には好きなので歓迎。
やめときゃ良いのに、手を入れてしまったので、牛歩の悪寒です。

201406090007.jpg

で、「移り気」に気を付けているも、来年の静岡に向けてのお題は「ビンゴの景品を作る」とのこと。
となれば諸般の事情で、プレゼントしたい人たちが居まして、宝の山から喜び勇んでチョイスしたT-4を作るしかありません。

201406090005.jpg

まずはグレーをドババッツと・・・。
こっちはシンプルに、綺麗に組みたいと思いますが、はて。。。上手く行くでしょうか。

本日もお付き合いに感謝です。

2014-06-09(Mon)
 

梅雨の合間に

201406250008.jpg
結構速い

皆さま、こんばんは。夏ような梅雨のような行ったり来たりの天候ですね。如何お過ごしでしょうか。
私は社宅住まいなのですが、ご想像通り?腐れ縁みたいな同期生も同じ屋根の下におりまして「暇そうだな!カメラ持って出かけようぜ!」とのお誘い。腐れ縁の同期は最近電車の写真に凝ってるとか。自分も昔は結構撮ってたなぁ・・・。ともあれ、カビが心配な望遠レンズを持って共に出かけてきました。梅雨の合間で天候も悪くない。
・・・で、結果はグダグダ。この後「黄色い奴」が通過しましたがもっとグダグダ。
ここぞと言う時に弱いのは実生活でも趣味でも同じか。トホホ・・・。

ともあれ、新しい望遠レンズと三脚が欲しくなったのは否めません。

201406250007.jpg

で、現在の第一趣味たるプラモもボチボチ、しぶとく進めています。
セイバーはキャノピーと水平尾翼を取り付け、メデタク士の字に。黒サフをぶわっと吹きました。
ついでにピトー管を真鍮パイプで置き換えております。

201406250002.jpg

ヘルダイバーは、胴体のスジ彫りが完了。コクピットを組みます。鉛板でシートベルトを追加したほかはキットのままでございます。機体内部色は銀のも有ればグリーンのも有るらしく、綿密に調査すべきところですが、好みでクレオス特色の米軍機体内部色をドバっと。

201406250006.jpg

エンジンもちょっとプラ片を足して、それなりに進んでいます。パーツの合いは古いながらもすこぶる良好。エレールの面目躍如ですね。弄ってて楽しいです。

201406250001.jpg

ブルインのT-4はコクピットにシートベルトをそれらしく追加。赤いシートが派手ですねぇ。

201406250003.jpg

こちらもメデタク胴体を合体。私としてはかなり新しい部類のキットなので、当然のごとくピッタリです。

201406250004.jpg

・・・胴体下面のエンジン周りはこのキットの鬼門らしいのです。左右胴体の間に下面を挟み込むのですが、綺麗なスジ彫りが盛大に入ったエンジンの点検パネル周りに合わせ目が来ます。もちろんパネルラインじゃない所。
ついでにパーツもちょっとお疲れ気味で変形してたりしてw
パーツを曲げたり、プラ板を挟んだり、パテも盛りまして、やっぱりスジ彫りの再生は避けて通れないようです。ひとまず、タミヤのスミ入れ塗料で現状把握。

201406250005.jpg

インテークも左右分割なので、合わせ目処理が必要です。内部はタミヤの白サフを盛って成形。外回りはスジ彫りを深くしつつ、ペーパー掛けを繰り返しました。
元のスジ彫りが非常に浅くて繊細なので、神経を使う、あまり愉快な作業ではありません。

ここまでの率直な、そして個人的な感想ですが・・・。
古今東西、老いも若きも色々なキットが有る中で、ダメなキットとは思いません。
ですが、ブルーインパルスと言う日本で一番有名な現用機のキットとしてはもう少し頑張ってほしい所です。初めてスケール物のキットを手にする子供にはちょっと手ごわい気がします。
白い成形色はそのままデカールを貼っても良いように・・・と言う配慮でしょうが、結局下面は塗らなきゃ駄目だし・・・。
出来ればタミヤに出して欲しかったって言わせないで欲しいですねぇ・・・。

2014-06-25(Wed)
 

今日もじわじわ

IMG_7755-1.jpg

皆様、こんばんは。
何かとつけて慌ただしく、相変わらずの牛歩に拍車がかかっていますが、ほんとうにちょっとずつ進めております。
T-4はキャノピーを仮合せしたところ、思いのほかコクピットが良く見えるので、今更ながらシートをデッチアップ。キャノピーブレイカー(って言うんですね 汗)を追加したほかシートの側面をゴチャゴチャさせました。

IMG_7756-1.jpg

キャノピーは後端に少し隙間ができるのでプラ板で埋めて合わせました。マスキングはテープを貼ってから切り出します。モールドが消えかけててちょっと苦戦しましたが、もうやり直しも効かないので知らんぷりです(笑)

インテークと胴体下部の継ぎ目けしとスジ彫り再生も見切りを付けて、インテークを接着。気持ちよくピッタリ合いました。主翼も合いは良さそうなので、マスキングまでは順調に行けると良いのですが・・・。

IMG_7760-1.jpg

ヘルダイバーは多少パテのお世話になりつつ、胴体にキャノピーを接着。下翼も合体させました。この辺りはキットの年代を考えると非常にスムーズに進みました。
黒サフを吹いて様子を見ましたが、スジ彫りに粗が見つかるので再度パテ補修・・・。
塗装に掛かるまではもう一歩です。

IMG_7758-1.jpg

セイバーは銀塗装に備えて、まずはガイアのEXブラックを吹いてツヤツヤにします。

IMG_7761-1.jpg

で、同じくガイアのEXシルバーにクリアーを混ぜてブワッと行ったのがこちら。

IMG_7762-1.jpg

うーん。ちょっと失敗かなぁ・・・粒子が荒い感じになってしまいました。
主翼の付け根の辺りはザラザラになってる箇所も有るので、ペーパーかけてやり直さないと・・・。
銀塗装の道は険しい・・・。
でも、上達しなくても突き進みます(笑)

本日もお付き合いに感謝であります。



2014-07-06(Sun)
 

早くて短い夏休み


夏が来た!

皆様、こんばんは。梅雨明けと同時に猛暑がやってまいりました。如何お過ごしでしょうか?
もう2週間もすればお盆休みの方も多いのでしょうか?私の仕事はお盆休みはありませんが、娘の夏休みに合わせて早めに休暇を貰い広島の祖母の所に帰省してきました。

201407270006.jpg

本当は家族全員で・・・と思っていたのですがカミさんの体調が思わしくなく、急きょ私と娘、それに私の母親の3人で帰省となりました。母親抜きでお泊まりは初めてだったのでどうなるか心配しましたが・・・。

201407270004.jpg

畑で野菜を収穫させて貰ったり・・・。

201407270001.jpg

田んぼでカエルに大興奮したり・・・。

201407270002.jpg

都会っ子には珍しい?田畑と自然を満喫し、叔父夫婦には実の孫のように可愛がってもらい、3泊4日を幸せそうに過ごしてくれました。

201407270003.jpg

祖母にとっては孫(私)がひ孫を連れて帰省してきたわけで、思いのほか嬉しかったようです。
私にとっても夏に帰省するのは、10年ぶりくらいのことで子供時代の夏休みの思い出がよみがえりました。夜はカエルと虫の鳴き声に、畳の上を爽やかな夜風が吹き抜け、明け方はヒグラシの合唱・・・。
自分の日常からは夢のようにも思えましたが、3時間半で新幹線が現実に連れ戻してくれました(笑)



201407270008.jpg

で、プラモの方は進めてますが極めて牛歩です。塗装に入ったセイバーを重点的に攻めます。前回ガイアのEXシルバーをドバっと吹き、所々ザラザラになったところまでお届けしました。
問題の個所は軽くペーパーをかけてやり直し、OKにしました。
その後、パネルラインを塗り分けました。主翼の中央は白を混ぜたシルバーで。胴体の機銃周りとコクピットの下あたりは少し黒っぽいガイアのダークステンレスシルバーを吹いております。

201407270009.jpg

コクピット下部は、桁が浮き出たように汚れている写真が有ったので、それっぽく塗り分けました。ちょっと強調しすぎてしまった感が有りますが、このあとウェザリングで誤魔化しましょう(笑)

201407270007.jpg

駆け足ですが、デカールを貼り終えたのがこちら。うーん、セイバー、カッコいいです。
デカールは結構古そうでしたが問題なく貼れました。
フィルムは薄くてあまり丈夫ではありませんが、さほど裂けるようなトラブルはありませんでした。馴染みは大変良好です。軟化剤には弱いのでマークセッターを必要最小限に使用するにとどめました。
問題は透ける事!主翼の黄帯なんて微妙な銀の塗り分けまで透けてます(笑)
でも、ちゃんと貼れるもんね。文句なしです♪

もうちょっとで完成披露。暑さを乗り切って完成させます。
それでは、本日もお付き合いに感謝であります。


2014-07-26(Sat)
 

1/72 F-86E Sabre (FUJIMI)

201409160001.jpg
North American F-86E-10NA Sabre 336th FIS Capt.R.N.Baker

201409160008.jpg

皆さんこんにちは。気が付けば季節も秋・・・8月から忙しく、すっかりブログも放置してしまいました。
生存報告も兼ねてセイバー完成報告です。前回(7月26日)の時点でデカール貼りまで完了していましたが、その後クリアーを吹いて、小物を取り付け、ちょっとだけ汚して完成です。

201409160002.jpg

キットはフジミのベテランキット。定番のキットにデカールを追加したものでした。最低限のすり合わせをすればカッチリ組めるキットだと思います。

201409160003.jpg

ピトー管を真鍮パイプに置き換えた以外は、何もせずキットのまま組んでおります。
派手なマーキングもキットのデカール。胴体の黄帯は位置関係がおかしくなりましたが、仏の目でご覧ください。

201409160004.jpg

裏側に気合いの入ったモールドがあるので、エアブレーキは開けて組みました。パーツの位置合わせも割と簡単にできたように思います。古いけど作りやすいキットですね。

201409160005.jpg

実機の写真を見ると、これで戦争するの?って言うくらいピカピカですが、多少部位によって光り方が違うようなのでそれらしく塗り分けてあります。
右舷のコクピット付近は、桁が浮き出たように汚れた機体が多かったのでチマチマとマスキングして塗り分けましたが・・・うーん。

201409160006.jpg

派手ですが、セイバーには良く似合っていますね。

201409160010.jpg

真上からと。

201409160012.jpg

・・・真下からと(汗)

201409160007.jpg

秋の気配がしてきた空をちょっと飛んでもらいまして・・・。

201409160011.jpg

悦に入るのでした・・・。

201409160009.jpg

しばらく製作ペース上がりそうにないのですが、しぶとく作っていくつもりです。

本日もお付き合いありがとうございました。



2014-09-16(Tue)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。