スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

気が付けば4月・・・

20130411_0176.jpg
放牧

皆様、ご無沙汰しております。
またまた、一か月近く更新をさぼりまして・・・はだはだ恐縮であります。

非常に私事ですが、先日娘が幼稚園に通い始めました。
早生まれなので、3年間、毎日私とカミさんと過ごしていたわけですが、今後は月金で毎日出かけて行くことになります。
私はカレンダーは関係なしの商売ゆえ、今後は娘と休日を過ごす機会も稀になります。今までの罪滅ぼし?も兼ねて休日は娘と過ごすように努めておりました・・・多分(汗)

20130411_0304.jpg

暖かくなって放牧には良い季節です。

20130411_5647.jpg

富士サファリパークなんぞにも連れて行ってみました。猛獣vs猛獣。
怖がるかと思ったら、平気なモノです。

20130411_5859.jpg

ライオンよりも、こっちの方が緊張してました。

何だかんだとやっているうちに、昨日から通園し始めました。
これから、毎朝8時過ぎには幼稚園バスに揺られて出かけて行きます。
泣いたりするかと思いましたが、ニコニコで帰宅してくれて一安心でした。

それにしても、娘の留守中は静かな事!
操業再開です(笑)

20130411_1420.jpg

ホイットルさんとスピットさん、同時進行で練り消しマスキング。

20130411_1425.jpg

スピットさんの機首周りは、まぁ・・・こんなもんか。あちこちタッチアップして一気にデカール貼ります。初めてAZのデカールを扱いましたが、硬めですね。でも丈夫でもない・・・。
慣れれば上手くなじませられそうでしたが、ワタクシの腕前ではイマイチであります。

20130411_1427.jpg

ホイットルのデカールは、不要な部分を試しに水に漬けたら見事にバラバラに(笑)
見るからに相当な年代物故、まぁ当然であります。
マイクロスケールのリキッドフィルムのお世話に。エアブラシで吹き付けてから慎重に作業した所、無事に貼れました。版ズレも目立つので、ラウンデルなどは他から流用したほうが良いのでしょうが、そのままです(笑)



20130411_1423.jpg

と、言うわけで二機とも完成の目途が立ったところで、静岡まであと一か月(仕事を休めるか不明ですが・・・)カーモデルにもお手付き中ですが、ここは手慣れた?飛行機でもう一品行けるかやってみることにします。
ミーティア、ホイットルとグロスターの機体を続けましたので、いよいよ?ジャベリンに手を出すことに。
ワタクシとしては、ミーティアを作る前から作りたかった機体でありまして、実は先輩におねだりして譲って頂いたキットだったりします。上手く行くかは?ですが大切に作らせて頂きます。

20130411_0373.jpg

素組のつもりでしたが、コクピットが良く見えそうなので、ここだけちょっと追加工作することにしました。キットのシートをデッチアップして、ナンチャッテ・ベイカー Mk.3にします。

20130411_0376.jpg

調子に乗ってプラの切れ端でスロットルレバーもどきとか・・・。

20130411_0377.jpg

計器盤もちょっとゴチャゴチャさせてみました。プラシートにナナコタガネで計器の〇をグリグリしたらそれらしくなりました。中央の二つの穴は大きいサイズのナナコが無かったのでピンバイスで開口・・・(--;)

20130411_0379.jpg

プラシート、鉛の板オモリ、ランナー引き伸ばし線、エポパテなどなどで、デッチアップ進行中です。出来はさりとて、チマチマ集中する楽しいひと時を過ごしております。
大人だって思い切り遊んだあとの方が、子供を笑顔で迎えられるという・・・。

つまりは、何歳になっても子供なのでありました(汗)

ジャベリンは外は何も手を加えずに静岡を目指すつもりですが、上手く行ったらお慰みと言うことで・・・。
本日もお付き合いありがとうございました!




スポンサーサイト
2013-04-11(Thu)
 

デッチアップ

201304290001.jpg
当社比2.5倍

皆様、こんばんは。連休如何お過ごしでしょうか?

すっかり、暖かくなってきた関東地方であります。花粉も落ち着きましたし、暑くなるまでの一年で一番気候の良い時期でしょうか。

ジャベリン、チマチマ進めています。

201304290004.jpg

コクピットの塗装を済ませました。当社比2.5倍のなんちゃってディティールアップです。どなたが命名されたのか存じませんが、「デッチアップ」とは言い得て妙ですね。

201304290002.jpg

実機の写真も参照しましたが、後部席のレーダー周りなど、50年代テイストのアナログな感じが素敵です。

201304290003.jpg

計器盤は玉ぐり工具でメータを再現しましたが、72には丁度良い感じです。

201304290005.jpg

コクピットはこれくらいにして、先に進みます。キットは主翼と胴体が上下で分割されています。プラ板を裏打ちして接着シロを稼ぎました。

201304290006.jpg

古いキットに大ぶりな部品なので、合いが心配でしたが、さほど悪くはありません。若干下側の幅が不足していたのでつっかえ棒で調整しました。重りもしっかり搭載。

201304290007.jpg

メデタク、上下合体。主翼端も接着して士の字ならぬ▲の出来上がり。一度サフをぶわっと吹いてこれからパテ修正にかかります。ここからが長くなるやも知れません。

アウトラインに関して、どうも初期型のキットに部品を追加した関係で、機体の後部、ノズルにかけて実際よりも尻すぼみになっているようです。ノズルももっと径が大きいはずなのですが、72ジャベリンのリニューアルに期待してスルーする事にします(笑)

コクピット以外は手を入れない。コクピット以外は手を入れない・・・ブツブツ・・・。

201304290008.jpg
イタレリ F-100F スーパーセイバー

サフの乾燥待ちに、勢い余っても一つ行ったれぇ!
・・・と、言う事で開封しちゃいました。
これも、ジャベリンと一緒におねだりして頂いたキットだったりします。
センチュリーシリーズ、一度作ってみたかったのです。
F-100Dならタミヤから手に入りますが、これはちょっと珍しい複座型。
古いキットを作るときは、楽そうなやつを同時進行すると決めているのです。

さすがに静岡に間に合わせるつもりはありませんが・・・。

201304290009.jpg

シートに、エポパテでクッションと鉛のシートベルトを追加しました。
ゆっくり大切に作らせて頂きます。

本日もお付き合いありがとうございました!

2013-04-29(Mon)
 

ノックアウト

201305170009.jpg
未練たっぷり・・・

皆様、こんばんは。明日から静岡ホビーショーと言うことで、早い方は今夜から前乗りですね。私も日曜の午後に滑り込む予定・・・だったのですが、体調を崩してしまい今年は欠席になってしまいました。



あれは一週間前の事・・・何だか目が充血するので「念のため」眼科に行ったのです。先生が怪訝な顔で「ウイルス性かも知れないですねー」と言われ検査されること数分。「本当は15分位かかるんですけど、もう陽性反応がでましたのでー」と言われ、なにやら難しげな病名の書かれた説明書を渡される・・・。
結論から言うと・・・

① ウイルス性の結膜炎だけど、お薬は無いよ~。安静にして免疫でやっつけてね~。
② 人にすごくうつりやすいよ~。気を付けてね~。
③ 学校は出席停止だよ。社会人も一、二週間は休業してね~。

と、言う事でした。えっ?会社休むんですか?結膜炎で??

大体、私の仕事はあまり休めない。と、言うか休まない。
シフト制だから、休むと代わりの人を当てなければいけないのです。
(その代り休んでる間も仕事が溜るとかはないけど)

迷惑がかかるから、風邪位では休まないんですが、医者からの宣告じゃ仕方ないと職場に電話。「体の方は元気なんでしょぉ?」と、上司から嫌味とも冗談ともつかない事を言われながら一週間休みを貰う。

と、思ったら上司の冗談をあざ笑うかのように、その夜から39度越えの発熱が続き、ビックリしました。
鼻水ものども痛くないから風邪じゃない。解熱剤を飲むと少し下がるけど、また上がる。

もう、ひたすら寝てました。寝ててもうなされて仕事の夢見ましたが。うん、仕事熱心(笑)

さすがに参りましたが、3日間続いた高熱がピタッと下がったら、翌日から目の赤みが引いてきました。
身体がウイルスをやっつけるために体温を上げてたみたいです。
人間の身体ってすごいなぁ・・・。

医者からもお許しが出たので、土曜の出勤から社会復帰です。が、日曜に休んでた間の仕事(年に一度の試験)が回ってきたので、やはり静岡は無理・・・。

皆さんにお会いできないのが心残りです。



ジャベリンの方も、トップの写真の黒サフを吹いたところまで、先週できていたので何とか静岡に持ち込めるかと思っていたのですが、あえなく断念です。
まぁ、頂いたキットですし、じっくり作りたかったので不幸中の幸いですね。

201305170004.jpg

今回も凸モールドは彫りなおさずに作っております。ので・・・パテは最小限に・・・。

201305170002.jpg

最小限に・・・。

201305170001.jpg

右主翼の前縁は、なぜか下側の寸法が足らずガタガタです。パテ盛り!

201305170003.jpg

上は目立つのであまり手を入れたくありませんが、機関砲はちょっと気になる出来なので、この後、成形ついでに切り飛ばしました。

201305170005.jpg

主翼にはミサイルのパイロンが付きます。この付け根が主翼の前縁に掛かる部分は空力を考えてこのようなコーンになっているのですが、見事に段差ができます。

201305170006.jpg

ここもエポパテのお世話になります。コーンの曲線と、主翼の曲線を上手くつながるように削るのは難しいですね。

201305170007.jpg

どうにかそれらしく成形が完了。機関砲はアルミパイプに置き換え。ピトー管や給油プロープの先端も真鍮に置き換えました。

201305170008.jpg

で、黒サフを吹いて塗装準備完了!
・・・と言うのが先週のお話、この後は見事に寝込んでいたわけです。
静岡に行けなかったのは残念ですが、じっくり塗ってやろうと思います。

静岡に行かれる皆様、楽しんできてください!

本日も、お付き合いありがとうございました!
2013-05-17(Fri)
 

反撃開始

201305220006.jpg
味濃いめ、油多め。

皆様、こんばんは。今日の関東地方は一気に夏がやって来たかのような暑さでした。
暑がりの私はすでに扇風機を回して製作しております。
こんなことで夏を乗り切れるのか?

さて、皆様のブログでは静岡のレポートが豊富にアップされていて、欠席組としては指をくわえて見てる訳ですが、お陰様でモチベを頂きつつ、ジャベリンの製作も再開です。

まずは下面から。エアのインストではハンブロールの56番が指定されております。Metallic Matt Aluminiumなる色なのですが、要するにつや消しのアルミ色だと・・・。
ここで疑問が発生しました。ネットで拾った復元機の下面はほとんどがグレーで塗装されています。現役当時の写真は明らかにグレーの物もあるのですが、キット指定の64sqの実機の写真(白黒)を見るとどちらともつかない感じ・・・(増槽の反射具合は銀に見えますが)

201305220001.jpg

で、あちこち検索したら海外のフォーラムにて「下面がライトエアクラフトグレーになるのは1966年以降だぜ。ベイベー」(意訳)なるコメントを発見。
と、言うわけでインストの通り下面は銀色に決定。
グレーっぽいつや消しの銀をイメージしまして、クレオスの332にガイアのEXシルバーとフラットベース、白を少々を投入した適当シルバーを作りパネルライン周りを吹き残しながら塗ってみました。
思ったより、ギラギラになってしまいました・・・。

201305220002.jpg

下面をせっせとマスキングしまして、上面の迷彩に掛かります。クレオスの331から。実機のカラー写真が古いせいか、何となく青っぽい印象がありましたので、色の原のシアンを数滴追加してみました。

201305220003.jpg

所々怪しい、インストの塗装図に従い練り消しでマスキング・・・。
蛇の目好きに、付いて回るこの作業、何回やっても憂鬱です(笑)

201305220004.jpg

ダークグリーンはクレオスの330にこちらもシアンを数滴追加したもの。グリーンも先のグレーもパネルライン周りを残しつつ、後から白を追加して明るくしたものを所々吹いて調子を付けてみましたが、効果のほどは・・・??
恐らく絵画的センスが必要な手法なのですが、そんなモノ微塵もないのであります・・・。

201305220005.jpg

ドキドキしながらマスクを剥がして、タッチアップを繰り返すことしばし・・・。
うーむ、如何なものか。お酒も程よく入ってる事ですし、明日お日様チェックしてみましょう。
(そこで青ざめることもしばしば)

良く考えたら、一日でこれだけ進むって好調だなぁ・・・。
欠席でも、静岡効果が出てると言うことで。
これも皆様のホビーショーレポートのお陰です。

まぁ、そもそも作業が粗っぽいから出来るんですが(笑)

何はともあれ、本日もお付き合いありがとうございました!




2013-05-22(Wed)
 

大延滞

20130626_1562.jpg
停滞前線・・・

皆様、こんばんは。とうとう一か月以上ブログを放置し、広告が入ってしまいました。
5月の末に反撃の狼煙を上げたつもりが、見るも無残な有様。
なかなか、まとまって作業できず、本当に少しずつ進めていました。
本当は静岡に間に合わせるつもりだったので、一か月以上遅れてますね(汗)

20130626_1547.jpg

前回、基本塗装が完了したところまでのご報告でした。
その後、ちょっとクドすぎた迷彩塗装を落ち着かせて、デカールを貼りました。
デカールについては、ちゃんと貼れるか非常に心配で、水につけた瞬間バラバラとか覚悟してたのですが、思いのほか素直に貼れました。
台紙から剥がれるまで時間がかかりましたが、それなりに丈夫で馴染みも良く、ラウンデルの下の凸モールドがしっかりご覧いただけると思います。

20130626_1545.jpg

発色は中の下と言ったところですが、貼れるだけ御の字であります。
ただ、残念ながらちょっと版ズレがあります。ラウンデルの中央の赤丸は別デカールを貼る方式なので問題ありませんが、青の外周に白い縁が付いてしまうのが気になります。

20130626_1549.jpg

筆でタッチアップしました。遠目にはそんなに気になりません。

20130626_1546.jpg

もう一つ、鬼門だったのは主翼のラウンデル。これでもかと並んだボーテックスジェネレータに掛かるのです。さすがにデカールを馴染ませるのは無理。ナイフで切れ目を入れてデカールを貼りこちらもタッチアップしました。
なお、左右のラウンデルの位置が揃っていない事に気づきましたが、後の祭りですorz

20130626_1552.jpg

エンジンのノズルもそれらしく塗り分けました。

20130626_1563.jpg

足回りと小物のミサイルを取り付けます。古いキットでは取り付け位置が曖昧だったりして苦戦することが多いのですが、すんなり組めました。さすがエレール?

20130626_1564.jpg

キャノピーのフレームには銀の縁取りが有るので、ここはメタルックを細切りにして再現しました。コクピットはなんちゃってディティールアップしましたが、思ったほど見えませんね(笑)

20130626_1560.jpg

と、言うわけでやっとこさ完成にこぎつけました。
本当は屋外でいつもの完成披露をしたいのですけど、連日の梅雨空でなかなか叶いそうもありません。
後日、隙を見て写真を撮ってやろうと思います。

20130626_1571.jpg

ついでにグロスター三兄弟を並べてみました。本当は静岡でこれをやりたかったんですけどね・・・。
しかし、三機とも全然似てませんね・・・。

ずいぶん更新が遅くなってしまいましたが、お付き合い頂きありがとうございました!

2013-06-26(Wed)
 

1/72 Gloster Javelin FAW9R (Airfix)

2013006280001.jpg
Gloster Javelin FAW9R No.64 Squadron RAF Binbrook UK 1963

2013006280003.jpg

と、言うわけでやっとこさ完成のジャベリン。静岡に間に合わせるつもりが一か月以上遅れての完成です。梅雨空ですがベランダで写真を撮ってみました。相変わらずのウシクオリティですが、笑ってご覧ください。

2013006280002.jpg

たぶん、72では唯一のキットです。エアのベテランキットと思いきや、もともとはエレールのキットだそうです。全体にもったりした凸モールド、ディティールも現代の目から見れば甘々でしょうが、部品の合いはそこそこですし、のんびり作るにはよいキットだと思います。

2013006280012-2.jpg

実機はイギリス機らしく?奇妙なスタイルですが、私を含めて好きな人には堪らないハズ。

2013006280011-1.jpg

真横から見ると、結構スマートに見えたりします。

2013006280004.jpg

下面は銀塗装ですが、グレーとフラットベースを混ぜてアルミっぽくしてみました。
パネルライン周りの黒い下地を残して、クドくしております。

2013006280006.jpg

ジャベリン(投げ槍)の名称通りの給油プロープであります。てっきりこの形状からジャベリンの名称がついたのかと思っていましたが、後期型から追加された装備だそうです。設計した人、狙ってた?

2013006280007.jpg

なかなか迫力のあるお顔です。

2013006280008.jpg

キットの制作ですが、例によって素組が基本です。主翼の機銃とピトー管、給油プロープの先端を金属パイプに置き換えたほか、コクピットは少々頑張って(当社比)手を入れました。
あまり見えないのはご愛嬌です。

2013006280009.jpg

とても超音速機に見えない後姿・・・。
主翼が厚ぼったいですが、実機もこんな感じなので後縁も削らずそのまま組んでいます。
なお、キットの排気口周りは痩せ気味でして、実機と印象が違います。エンジンを換装した後期型の尻尾と排気管はもっと太いのです。もともと初期型だったキットを改修しているので胴体の太さがそのままなのだと思います。
48のニューキットが出ることですし、72のリニューアルに期待してそのままとします(ぉぃ)

2013006280010.jpg

実機のボーテックスジェネレータはもう少し薄くて、角度も細かく調整されているようですが、ここもキットのまま(笑)
凸の上にデカールがきちんと貼れるかが懸案事項でしたが、思いのほかデカールの品質が良く、最低限のタッチアップで済みました。

2013006280013-2.jpg

ちょっと飛ばしてみましょう(笑)

2013006280014-2.jpg

燃費が悪かったのか、航続距離に悩まされた機体だそうで、腹の下に大きな増槽を抱いております。

2013006280016.jpg

迷彩塗装は黒立ち上げで塗りましたが、少しクドくなりすぎたので調整しているうちにノッペリしてしまったかも・・・(汗)
なかなか上達しませんね・・・。

2013006280015.jpg

ともあれ、好きな機体を完成させられて喜びもひとしおです。エアから48で気合の入った新キットが出るみたいですが、72のほうも是非・・・(ひつこい)

2013006280017.jpg

真上から一枚。どうでしょう?かっこよく見えてきませんか?(笑)

先輩におねだりして譲っていただいたキット、お陰様で形になりました。最後になりますが本当にありがとうございました。

それでは、本日もおつきあいありがとうございました!




2013-06-28(Fri)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。