スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

いわゆる腹いせ

20120822_0845.jpg
屋号が気になる

皆様、こんばんは。気が付いたらオリンピックは終わってるし、あっちの島やこっちの島が騒がしくなっておりますね。
8月は私の職場にとって、最繁忙期の一つなのですが、何故かこの時期に営業部隊に駆り出され、慌ただしく過ごしておりました。ビールが美味しくなるようにという上司の計らいと前向きにとらえることに致します(笑)

ブログの更新や、皆様のブログへの訪問も遅滞気味ですが、プラモはちょっとづつ触っていました。静岡以来取り掛かっていた、二式水戦、スピットが完成し、残るはR360です。

20120822_0837.jpg

ボディの塗装。色は悩みましたが、赤一色に。
マルボロ親方の教えに従い下塗りは7番のブラウンです。

20120822_0838.jpg 20120822_0840.jpg

湿気なんて気にしないぜ!その後クレオスのシャインレッドをダババッ!と。
飛行機と違って、艶アリの派手な色を一気に塗るのは楽しい!
・・・のですが、垂れてムラができたり・・・。

20120822_0841.jpg 20120822_0842.jpg

埃が付いたり、どっかにぶつけて傷ができたり・・・。相変わらず塗装も下手くそです。

20120822_0853.jpg

あーでもないこーでもないと言いつつ、デカールを貼って、クリアーを吹き、ペーパーで研ぎ出しの真似事をしてから、コンパウンドで磨いた後・・・。

20120822_0971.jpg

窓枠を塗るのにマスキング・・・ここまでは、一応順調だったのですが・・・。

20120822_864.jpg

マスキングを剥がしたら、テープの糊?がカチカチになってボディに付着しておりましたorz
アクリルやエナメルのシンナーで拭きとれないか試しましたが効果なし。
TwitterでSOSを発報しましたら、岡戸先輩よりしばらく乾燥させてからペーパ掛けでリカバリできるかもとのアドバイスが・・・。
乾燥不足のまま、クリアーをかけたのが原因でしょうか?
とりあえず、しばらく寝かせて削ってみます。




ちゅーわけで、取り掛かり中のキットが無くなってしまいました!(訳有って放置してるのは別)
一週間くらいR360を乾燥してる間、何をいじろうか・・・えーい!腹いせに開封してしまえ!

20120822_0975.jpg

で、Swordのシーファイアと・・・。

20120822_0974.jpg

Mk.I作ったんだから、本当は次はこれだろう。と誰が言ったか知りませんがイタレリのMk.Vを取り出しまして・・・。

20120822_0972.jpg

コクピットをいじりつつ、分割された機首を接着。パテで裏打ちするのでありました。

勢いで始めたけど大丈夫か?

続く(笑)
スポンサーサイト
2012-08-22(Wed)
 

残暑厳しく・・・

20120829_2426.jpg
涼やかな演出

皆様、こんにちは。相変わらず残暑が厳しいざんしょ・・・(爆)

先日、父親の誕生日祝いに家族で食事をしてきました。豆腐料理店の軒先が涼しげでありました。誕生祝に以前製作したBu133を進呈したのですが、思いのほか好評でした。
一応、模型少年だったみたいですからね。

夏バテに、仕事のヤマ場と飲み会が重なり、休日は死んだ魚のように過ごしておりました。プラモも相変わらずの牛歩であります。

勢いで始めたスピット2種。

20120829_0976.jpg

SwordのSeafire、機首のバルジの合いは悪くありませんが、パーツにはそれなりにバリが有るので要調整です。右舷側は隙間が発生したので、あとから処理が必要ですね。

20120829_0977.jpg

イタレリSpitも機種は別パーツ。ちょっとお辞儀気味に付けちゃったかな・・・(汗)

20120829_0979.jpg

Swordのコクピットのモールド、なかなか気合が入ってます。全般的にちょっとぬるいのですが、レジンのコクピットを組み込むよりはずっとお手軽。ちょっと塗り分ければ素敵になりそう。

20120829_0978.jpg

イタレリはあっさり・・・と言うか何もモールドはありません。プラシートで工作すると楽しめそう・・・ですが、こちらはB面進行ということで、省略!です。
コクピットのドアが別パーツになっておりますが、コクピットはがらんどうだし、パーツは分厚いし、誰が開けるんだ!・・・と言いたくなります。海外の作例を見てたら素組で開けてあったけど・・・漢だ。
ワタクシは一体の方がずっと嬉しいです(笑)



勢いで始めたので、前後しますが、簡単にキット紹介を・・・。
まずはSwordから。

20120829_0985.jpg

中々上品なモールドです。

20120829_0984.jpg

主翼の下面も綺麗♪

20120829_0986.jpg

小物はちょっとバリが有ったり、ぬるかったりしますが、気合は感じられます。

20120829_0989.jpg

キャノピーはちょっと厚いかな・・・。
戦後の機体らしく、ずいぶん近代的な形状に進化しております。

20120829_0990.jpg

排気管と機関銃はレジンパーツ。機関銃の銃口も抜けてます。これは素直に嬉しい。

20120829_0995.jpg

マーキングは3種。箱の裏がカラーの塗装図になっております。

20120829_0988.jpg

デカールも綺麗な印刷であります。



続いてイタレリのMk.Vb。タミヤの陰に隠れて、あまり見かけないキットですね。
先輩からの頂きものでありますm(__)m

20120829_0981.jpg

モールドは綺麗な凹モールド。全体に軽い梨地が掛かっております。
主翼下面から胴体にかけての綺麗な曲面も再現されております。Spitのキットはここが平らだと幻滅するんですよね・・・。

20120829_0983.jpg

小物の出来もなかなか、イタレリ製品って妙に脚周りに気合が入ってる気がいたします。
ペラの形がちょっとアレですが、2種類(ロートルとデ・ハビランド?)付属。
スリッパタンクが付属するのも楽しいですね。

20120829_0991.jpg

クリアパーツは、防弾ガラスが内側に装備されたタイプと2種選べます。
薄いのですが、ちょっと荒れてますね・・・慎重に磨くことにしましょう。

20120829_0992.jpg

キャノピーの他、ペラが二種類。空気取り入れ口は通常タイプの他、ボークスフィルター付き、アボーキーフィルター付きが選べる豪華仕様?

20120829_0993.jpg

マーキングは3種であります。米軍のマーキングが付いてるのはちょっと珍しいですかね?

20120829_0998.jpg

パッケージの裏に2種類のカラー塗装図。もう一種は箱絵を見てね♪と言う事でしょう。

20120829_0987.jpg

デカールの印刷も綺麗そうです。

役に立たなそうなキット紹介は以上です。チマチマ楽しく作ることにします。



あっ、R360は飛行機に囲まれて療養中ですw

20120829_1001.jpg

本日もお付き合いありがとうございました。
2012-08-29(Wed)
 

段差注意よし!

20120911_1003.jpg
新商品

皆様、こんばんは。BMの先輩方の間ではスピット祭り再来の噂が飛び交っております。
負けないように、今日も牛歩な製作の報告です。
まずはコクピットから、和巧から待望の72英軍機用シートベルトが発売されましたので早速買ってきました。

20120911_1004.jpg

金具の部分だけ銀に塗装して、木工ボンドで取り付け。少し水を含ませると、しなってイイ感じになります。

20120911_1005.jpg

6つ入りですから一機当たり80円です。ありがたや。
手前がSword、奥がイタレリです。

20120911_1007.jpg

ベルトの部分は写真では未塗装なのですが、英軍機のベルトはもっと小麦色に近い印象なので後から、アクリル塗料を塗っておきました。

20120911_1006.jpg

適当にパカパカと組んだコクピットも組み込みです。
あっという間に一の字になって順調に思えました・・・。

20120911_0244.jpg

が、Seafireにトラブル発生。胴体と主翼に見事な段差が・・・。
パイロットさんは搭乗時足元注意です。胴体が上手く合ったので油断しておりました。
原因は主翼下面の部品が厚すぎる事。更に胴体下面に繋がる逆ガル状の部分の上半角不足。ついでに主翼の断面と胴体側のフィレットの断面も合わないぞぉ・・・むむむ。

やはり簡イは簡イだと思い知らせれるのでありました。
綺麗な部品にゃ棘がある?

20120911_030520.jpg

こうなったら棒ヤスリにモーターツールも動員してひたすら削るのみ。

20120911_1022.jpg

力技で無理やり接着(上手く噛ませるクランプも無いので、片側ずつ15分くらい手で押さえてました)何とか形になりました。

20120911_1012.jpg 20120911_1019.jpg

イタレリスピットは合いは良好ですが、フィレット部分のスジ彫りが無いので何となく、それとなく追加しました。

20120911_1020.jpg

続いて、エンジンカウルのファスナーをナナコタガネで強調。現役当時のSeafireの写真を見ると、やたらとファスナーが黒く汚れてて目立つので、オーバースケールは承知で4番のナナコを打ちます。

20120911_1021.jpg

イタレリは2番のナナコで控えめに。機首下面も分割されているのですが、ここは合いがイマイチ。機首の形状が合うように前にずらして接着して、付け根に出来る隙間をポリパテで埋めました。

20120911_1018.jpg

すったもんだしながらも、十の字達成です。
サフを吹いたら粗がどんどん見つかってループしそうな悪寒・・・(笑)

残暑も厳しい上に、お仕事の方も新しいミッションを言い渡され戦々恐々ですが、お祭りも始まりそうですし、地道に進めることにします。

と思っていたのに・・・なぜ、ポチッてしまったのでしょう?

20120911_114819.jpg

本日もお付き合いありがとうございました!
2012-09-11(Tue)
 

すぴっと祭り2012♪

SpitFes2012.jpg
お祭り勃発

皆様、こんばんは。BMメンバーを中心にじわじわと機運が高まっておりました「すぴっと祭り2012」タイトルは「SPT48 ガチです」いよいよ本格始動しました。ワタクシもさっそくエントリーさせて頂きます!
BM随一の武闘派モデラー、ドカ山師匠により特設サイトもオープン!
(素晴らしいお祭り会場ありがとうございます!)
僭越ながらバナーを作成しましたので、ご参加の方はご自由にお使いください。



SpitFes2012-240_133.jpg

SpitFes2012-180_100.jpg

SpitFes2012-150_83.jpg



20120916_1026.jpg
と、言うわけで盛り上がってガンガン行きたいところですが、今一つ代わり映えしない画像・・・。サフを吹いては粗を消し・・・のループ中です。

20120916_1027.jpg
ちょっと気分転換に小物を行ってみます。爪楊枝の先端を切り飛ばして、真鍮線を埋め込み。

20120916_1028.jpg
真鍮パイプを被せます。

20120916_1029.jpg
Mk.Vbの機関砲、出来上がり!かなりオーバースケールですが、翼と一体成型の元のパーツよりはマシです。しかし強そうなスピットになりそうだなぁ・・・(笑)

20120916_1036.jpg
もう少し、傷など修正すれば塗装に入れそうです。

20120916_1035.jpg
Seafireもレジンパーツの機関砲を取り付け、こちらも塗装開始まであと一息・・・。

20120916_1037.jpg
せっかくお祭り参戦するんだから、新規のキットで・・・と思いちょっと仮組。
コクピットはとっても緻密でやる気が出ますが、すんなり形になるのでしょうか?
また、簡イで苦労する気か!・・・と言う突っ込みはなしで(笑)

手短でしたが、お付き合いありがとうございました!
2012-09-17(Mon)
 

砂漠迷彩

20120926_173206.jpg
晩夏

皆様、こんばんは。一気に涼しくなった感のある関東地方です。
まぁ、それにしても長い夏だったこと・・・。
秋を感じることに専念しておかないと、すぐに寒くなってしまいそうです。

いずれにしてもプラモに適した時期でございます(笑)
スピットふたつ、傷修正のループから脱却(見切りをつけた)しまして、いよいよ塗装です。イタレリのスピットは砂漠迷彩、Seafireはいわゆるペンギン塗装です。

20120926_1039.jpg

が、しかし砂漠迷彩の色調はなかなかに難しい模様。いつもは適当にビン生でレッツゴーな訳ですが、スピット相手となると妙に気合だけは入る。ってな訳で蜜柑山よりアリイのハリケーンに下山願いました。

20120926_1040.jpg

ダークアースはクレオス22番に、21番ミドルストーン、45番のセールカラーと白を投入。
ミドルストーンはクレオス21番に、同じくセールカラーと白を投入しております。
配合は実機の写真(主に大戦中のもの)を見ながらそれらしく・・・。
我が工場の照明は電球色が強いのでちょっと写真の色合いが・・・です・・・。

20120926_1041.jpg

悩みの種が下面色。Azure Blueって奴ですね。クレオスの特色を使えば良いのでしょうが、あいにく手元にも店頭にも無い(まもなく再販されるようですが)
それに特色は、何だか自分の印象とはちょっと違う?
実機の写真を見ても、もっと濃い青だったり(メディトレイニアンブルーなる別の色?)米軍の機体だと水色っぽく見えるし・・・。
調べる力もないし、ドツボにはまるだけなので完全に自分のイメージに合う実機の写真を見ながら適当に混ぜ混ぜしました。
ベースはガンダムカラーの14番です。実はだいぶ前に作ってあった奴を更にいじったのでこれまた配合は神のみぞ知る。であります(汗)

20120926_1042.jpg

とりあえずパネルライン周りに黒を吹きます・・・ううぅきちゃない・・・。

20120926_1045.jpg

あっ、Seafireの尾輪周りを忘れておりました。
一部真鍮線で置き換え。

20120926_1049.jpg

Seafireにスカイを吹きます。こちらも特色は持っておりません故、26番のダックエッググリーンに数滴の黒を混ぜております。

20120926_1046.jpg

問題のアズールブルー。

20120926_025644.jpg

写真の撮り方でだいぶ色が違って写ります(汗)
塗ってみたらお日様チェックせねば・・・。
どんな具合か早く塗ってみたいところです。

本日もお付き合いありがとうございました。


2012-09-27(Thu)
 

季節感

20121007_101819.jpg
食玩と秋の空

皆様、こんばんは。季節はすっかり秋・・・と、言いたいところですが、ここ数日の関東地方、日中は結構な日差しで、ちょっとした残暑とも言える気候です。
ともあれ、着実に日は短くなっていくし、さすがに朝晩は涼しくなりましたね。

ビールを常備薬とする身として、キリン製薬の「秋味」が登場すると秋を感じるのです。・・・が、今日スーパーに足を運んだらサッポロ製薬の「冬物語」が並んでおりました。
いくらなんでも早すぎません??
こりゃ、しっかり秋らしいことをしておかないと、季節に置いて行かれますね。

ちょっと風邪を引いたり、仕事も忙しかったりして停滞気味のスピットさん達ですが、やっとこ手を付けることができました。

20121007_1055.jpg

Seafireをマスキング。いつもの迷彩に比べると実にシンプル。

20121007_1056.jpg

エクストラダークシーグレーは、クレオスのビン生に白を混ぜました。
ちょっと明るくしすぎたでしょうか?

20121007_1054.jpg

イタレリスピットも下面をマスキング。
ダークアースを吹いたら、練り消しでマスキング。ミドルストーンもパネルライン周りに調子が付くように吹きました。

20121007_1058.jpg

うーん・・・作業台は電球色が強くて、ちょっと実物と色合いが違って写ってしまいました。

20121007_1059.jpg

自家製下面アズールブルーは意外としっくりマッチしてくれました。

20121007_1065.jpg

白い紙の上で撮りなおして、肉眼と同じに見えるようにちょっとレタッチソフトで修正・・・。
やはりお日様チェックが必要だ・・・。

実物の方も、あちこち修正してやらないといけませんが、デカール貼りまでもう一息です。

本日もお付き合いありがとうございました!




2012-10-07(Sun)
 

安物買いの・・・

20121019_ 125618
線路は続くよ

皆様、こんばんは。
やっと秋らしく、涼しさを感じるようになったと思えば早くも肌寒いような気がする今日この頃。
散歩に出ると金木犀の香りに癒されます。

模型時間、家族が寝てからの夜が多いのですが、なんだか気力がなくてあまり進んでおりません。もっとも牛歩はいつもの事。焦らずじわじわ進めます。前回、基本塗装が終了したのでデカール貼りです。

と、言うわけでスピットはMk.Vbから・・・。
先輩から頂いたこのキット、デカールはちょっとお疲れ気味に見えたのですが、何とカルトグラフでした。発色は良いし、透けないし。余ったデカールも大切に保管しておこう♪

20121019_1066.jpg

・・・しかしながら、予想外にデカールが硬い!主翼の下面には1mm位の高さのモールドがあるのですが、全く馴染みそうにない予感。そこで、マークソフターを投入したところバッチリ馴染んでくれました。

20121019_1069.jpg  20121019_1080.jpg

ラウンデルの縁が持っていかれたので、サークルカッターでマスキングテープを切り出してタッチアップ。これなら個人的には大満足(自分に優しいw)

R201210190761.jpg

デカールのクセが解ってしまえば、後は非常に快適に貼れました。せっかくなのでウォークウェイラインもデカールで済ませてしまいました。コーション類もちょこっと付属して程よいお手軽感です(笑)



続いてシーファイア。
こちらはニューキットだけに新鮮なピチピチのデカールが付属しております。透けも無く発色も良好なのですが、ちょっと柔らかくてデリケート。

20121019_1082.jpg

上手く貼る自信が無かったのと、寸足らず疑惑がありましたので、ウォークウェイラインは塗装にしました。いつも横着して泣きを見るので慎重にマスキング・・・。

20121019_1083.jpg

ぉぉ、割とマトモに出来たかも知れません(笑)
早速貼りましょう。

20121019_1086.jpg

色々とお恥ずかしい下面をば・・・。塗装図に示されたラウンデルは、実際のデカールより大きくて正確な位置が不明なので適当な位置に貼っております。このデカール柔らかくて取扱い注意なのですが、馴染みは今一つ・・・。シリアルナンバーは下面の凹凸にアチコチ掛かるので、所々切れ込みを入れて貼り付け、これからタッチアップしようと思います。

R201210190759.jpg

せっかくの綺麗なパネルラインに馴染ませようにもマークソフターもあまり効かず、ちょっと苦戦しました。デカールはイタレリの方が苦労すると思っていたのでここは逆の展開に。ともあれ、たっぷり付属のコーション類も気合で全部貼り付け。赤字のコーションレターは映えますね。

ところで、主翼上面のラウンデル、箱絵は大きいタイプが描かれているのですがこれで良いのでしょうか?インストはコーション類の番号指示が間違って?いたりして、あまり信用しない方が良いのかも(汗)

Swordもなかなか、お茶目な所があるメーカのようです(笑)

二機ともしっかり乾燥させて、小物と汚しに行きます。



続きまして、蜜柑山標高上昇のご報告です。
どうも、スピットばかり作っていたら蛇の目ジェットが作りたい今日この頃。
季節は秋になりましたが、飛んで火にいる夏の虫な出来事がございました。

先日、近所のブックオフを覗いたら片隅に新しくガンプラコーナーができていたのです。スケール物が混じってないかチェックしようと良く見たら、その奥にスケール物コーナーもあるじゃないですか!!結構マニアックな箱も見え隠れ♪
・・・で、踊る事しばし・・・握ってきました。

20121019_1092.jpg

前から気になっていたフジミのブリティシュファントム。調べたら現在は金型が改修されているのですね・・・デカールも見た目は綺麗でしたが、結構硬くて苦労するとか・・・。
再販を買った方が良いのかもしれませんが、私にはこれで十分かと思われます。



次はコレ。マッチボックスのジャギュア T2。

20121019_1093.jpg

これはジャケ買いです。350円というプライスにトドメを刺されました。ジャギュアと言うと迷彩塗装しか知らなかったのですが、この派手なマーキングに心を奪われたのです。早速開封しましょう。

20121019_1096.jpg

あれ?裏を見たら何やら中国語が書いてある・・・君は英国紳士じゃなかったのかね?

201210190750.jpg

うぉっ!キャラメル箱を開けたらいきなり怪しげな薬品が飛び出してきました。
「用法」とか「注意」と書いてあります。毒毒しいですが接着剤のようです。

20121019_1097.jpg

説明書もなんか読みにくいんですけど・・・。これなら英語の方がマシだぜぇ・・・。

20121019_1098.jpg

カラーは「淡石色」と「淡灰色」と「中灰色」をご用意ください・・・。
うーむ、解らんぞぉ。

201210190751.jpg

でも、パーツはしっかりマッチボックスで一安心(?)

名物の3カラ―のランナーも・・・。



・・・あれ?




おい・・・?







一つ足らんじゃないかぁぁぁぁあ!

主翼らしきものがどこにも見当たりません・・・。

201210190753.jpg

1994年11月12日時点では全ての部品が揃っていたと検査員2号が証明しております。
・・・が、その後の消息は不明(笑)
箱は開けられる状態だったので、誰かの悪戯とかもあり得ますが、まぁ中古品ですからね。あまり深追いしないことにしましょう。350円だし・・・。
(750円だったらモーモー言ってると思われる)

201210190754.jpg

ちゃんと貼れるか解りませんが、デカールは中々綺麗です。

「待てよ?イタレリのジャギュアに貼ればイイじゃないか!うんそうだ。そうだ」
「350円でデカールを買ったと思えばいいんだ!」
「珍しいオマーンのマーキングも付いてるじゃん!」
「よし、今度イタレリのジャギュア探しに行こう!」

・・・と、泥縄的な発想に陥っているのはご想像のとおりです。


長文お付き合いありがとうございましたm(__)m





2012-10-19(Fri)
 

帰省など

20121110_0066.jpg
秋空を往く

皆様、こんばんは。
プラモも更新もサボり気味に来週はJMCと言うことで、少々焦っております。
公私ともに、結構バタバタと過ごしております。

20121110_0026.jpg

11月3日、入間基地航空祭に行ってきました。土日が休みになりにくいのと、人ごみがあまり好きではないので、この手のイベントは行った事が無かったのですが、旧友からの誘いで出かけることに。
噂には聞いていましたが、ものすごい人手にびっくり。地上展示などなど気になりましたが、旧友は飛行機好きと言うわけでは無いので、ブルーインパルスだけしっかり観ることにしました。

20121110_0063.jpg

望遠レンズを持っていかなかったので、ブルーインパルスの素晴らしい演技は目に焼き付ける・・・つもりでしたが、引いた絵で遊んでいました。

演技も終盤、バードストライクがあったそうで途中で終了となってしまいましたが、堪能させて頂きました。久しぶりに鳥肌が立ったなぁ・・・。



R201211100918.jpg

話が前後しますが、10月の末に休暇が取れたので両親の郷里に帰省してきました。
恐らく、日本一お城の最寄駅なこちらで新幹線を乗り換えて、備後地方の山あいに郷里があります。

20121110_0015.jpg

畑で新鮮野菜に小躍りしたり。

20121110_0035.jpg

カメラを持ってブラブラしたり。

20121110_0070.jpg

久しぶりに風呂焚き係をしたり。

R201211100879.jpg

尾道の街まで足を運んでみたり。

20121110_0046.jpg

色々と所用が有って、それほどノンビリはできませんでしたが、子供の頃の夏休み・冬休みの思い出に浸ることができました。



はい。と、言うわけであまり進化してないスピットさん達(笑)
機体のウェザリングに着手しております。

20121110_1101.jpg

2機ともクリアーを吹いて、スミ入れを行いました。
今回は、タミヤのエナメル塗料(ラバーブラック)をぺトロールで溶いてみました。こちらの方がプラに優しいとか・・・。ふき取りは匂いも少ないテレピン油を試行。
つや消しのクリアーに、エナメルシンナーを使うと汚くなる事が多かったのですが、こちらの方が綺麗にふき取れるような気がいたします。もちろんプラシーボの可能性も大です。
プラに優しいのは事実のようで、パーツに亀裂が入るような事はありませんでした。
なお、スミ入れ塗料のブラウンも併用しております。

20121110_1102.jpg

砂漠迷彩のMk.Vの方は、きつめに汚してやろうと思います。
ハゲチョロをシルバーで・・・沼津の巨匠、作左さまの解説や、ドカ山師匠の作品を猿まねして、面相筆と爪楊枝でこするようにやってみました。

20121110_1104.jpg

えー、・・・自分のセンスの無さに嫌気がさすだけの結果になりましたが・・・。
後には引けないので、このまま煙に巻いて完成させましょう(汗)

JMC、休みが取れれば両日お邪魔できるのですが、最悪でも土曜の懇親会と日曜の午前は行けそうです。

せっかくお邪魔できることですし、しっかり完成させねば!

本日も、お付き合いありがとうございました。


2012-11-10(Sat)
 

もうひと押し

20121116_1105.jpg
自己満足

皆様、こんばんは。
今週末はいよいよJMCと言うことで、スピットさん達も完成できるように作業を進めておりました。

・・・が、残念なことに休暇が取れず、土日とも仕事と相成りました (  ´・ω・)
土曜は懇親会だけ参加させて頂き、日曜は午前中だけ会場にお邪魔できそうです(午後から仕事)滞在も2時間程度なので、並べてすぐ撤収する手間を考えると、二水か黒スピットの一機だけ持参しようかな・・・。
休みが取れるのではと期待してたのですが、懇親会と会場に足を運べるだけ上出来です。

で、スピットさん達ですが、エナメルやらパステルやらアクリルやら総動員してごまかし汚しておりました。

20121116_1110.jpg

20121116_1111.jpg

まぁ、出来は推して知るべしであります。
もうちょっとだけ手を入れたい箇所が残っていますので、それから屋外で撮影してお披露目したいと思います。

短い時間になりそうですが会場でお会いできるのを楽しみにしております。

本日もお付き合いありがとうございました!


2012-11-16(Fri)
 

1/72 Seafire Mk.XVII [SX282] (Sword)

20121130_0014.jpg
Seafire Mk.XVII No.1833 NAS, RNVS Bramcote July 1949

20121130_0013.jpg

Mk.Vbに続いて、同時作成しましたSeafireのご紹介です。
スピット祭り2012協賛、JMCでもBMのブースにちょこっと並べさせて頂きました。

20121130_0022.jpg

キットはSwordの比較的新しいキット。最近、東欧メーカからスピットの72ニューキットが続々リリースされておりますが、これもその一つです。
東欧系の簡易インジェクションは初挑戦でした。(マケットとかネタ?で作った事もありますけど)
とても繊細なパネルラインが彫刻された綺麗なパーツで、所々ぬるかったり、バリが有ったりはしますが、おおむね組み立ては順調でした。
ただし、胴体と主翼を合わせる際に、フィレットの付け根に凶悪な段差が発生。ここはモーターツールも動員してガリガリ削り力技で接着となりました。

20121130_0020.jpg

今回のテーマ?として、機首周り、エンジンカウルのファスナーを強調しました。実機の写真でこのファスナーが点々と目立つ物が多かったので、オーバースケール気味でしたが4番のナナコタガネでファスナーを強調、くどくスミ入れしました。
ペラは回るように加工しましたが、失敗しておりますorz

20121130_0025.jpg

排気管はキットにレジンパーツが付属、開口されていて中々映えますね。
JMCの展示後に追加工作として、風防が防弾ガラスでうっすら青く見えるのを再現しようと、裏からクリアーブルーを吹きましたがほとんど分かりません(笑)
機銃の赤いシールもデカールでやり直し。あとプロペラのデカールも忘れていたので貼りました(テヘペロ)

20121130_0023.jpg

キャノピーは涙滴方でもMk.XVIなどと違い更に近代的なスタイルです。グリフォンエンジンも相まって大戦機らしくないのですが、主翼はスピットそのもの。

20121130_0024.jpg

技術革新が進んだ過渡期らしく、何だかミスマッチなスタイルが魅力的です。
ペンギン塗装だとジェット機のイメージもありますしね。
塗装はクレオスのエクストラダークシーグレイとダックエッググリーンですが、思い込みと思いつきで適当に調色しております。

20121130_0019.jpg

お尻から一枚。

20121130_0015.jpg

ちょっと飛ばして見ます。

20121130_0016.jpg

右舷

20121130_0017.jpg

左舷

20121130_0021.jpg

上から

20121130_0018.jpg

下から。汚し過ぎはお約束です(笑)

20121130_0026.jpg

同時製作のMk.Vと記念撮影。

20121130_0027.jpg

ついでに、我が家のスピットさん達を引っ張り出してみました。
まだまだ作りたいサブタイプが沢山あります。

簡イに懲りずにお手付き中のAZはちゃんと完成するかしら?

でも、次は同時進行でジェット機に浮気する予定・・・。

ゆるゆる楽しもうと思います。
本日もお付き合いありがとうございました!




製作の時系列はコチラからどうぞ。





2012-11-30(Fri)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。