スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

hoppy~

IMG_9531.jpg
アナタもワタシもホッピ~♪

いきなり「酒画像」で失礼します。こんばんは。
台風接近中の日本列島いかがお過ごしでしょうか?
本日はプラモネタはお休みさせていただきますm(__)m だって暑いんだもん!(こら)
酒にもワタクシの駄文にも興味のある奇特な方が居られましたら、お付きあい下さい。

本日は正午ごろ勤務解放。ちょいと腹ごしらえと買い物に名古屋の街を歩いてきました。…が、いかんせん灼熱地獄。こんな時は地下に避難するに限ります。
名古屋は「夏暑く冬寒い」土地のため、地上は人影まばらだったりしますが、田舎だからにあらず!
(もちろん東京に比べればのんびりしておりますが…)
皆様、地下街を移動されております。名古屋駅周辺も迷路のような地下街が入り組んでおりまして、いかに目的地ギリギリまで地上を歩かずにたどり着けるかで、名古屋住民レベルがわかります(嘘)
えっ?ワタクシですか?「名古屋歴3年だで『初級』だがや」…たぶん。

暑いときは水分補給が大切。ゴクゴク飲みたいときはホッピー。と言うことで?ご紹介します。要するにビールテイストの割物。甲類焼酎の相方ですね。関東にお住まいの方にはおなじみ。愛すべき東京下町酒場の名物であります。
東海道筋では、名古屋あたりでもちょくちょく居酒屋で見かけますが、ホッピー文化は箱根以東が中心と聞きます。真偽の程は?ですが…。情報お待ちしております。

ご存じの方に対しては野暮な説明でございますが、ご家庭で楽しまれる際は…
1.「甲類焼酎・ホッピー・ジョッキ」を冷蔵庫で良く冷やします。このスタイルを「3冷」とも申します。
2.まず焼酎をジョッキに、あっ、氷はなしで。続いてホッピーをドボドボと勢いよく注ぎます。勢いよく注げばマドラー不要であります。
3.グビグビとお召し上がり下さい。あっ、お酒に感謝の気持ちを込めて「プハー」と唱えますと雰囲気が盛り上がります。
(レモンなんぞ絞ってもオツなものでございます)
(写真は「黒ホッピー」ですが、スタンダードな「白ホッピー」とのブレンドも一興であります)

焼酎は甲類でしたら何でも良いのですが、もし写真に写っております「キンミヤ焼酎」が手に入りましたら、是非お試し下さい。ホッピーとはベストパートナー。例えて言うなら、「ミッキーにミニー」か「ポパイにほうれん草」(オリーブじゃないのか?)とでも申せましょう。キンミヤは三重に蔵本があるためか、愛知では酒屋やスーパーに結構並んでいます。贅沢であります。

ところで、部屋で写真撮影、一杯やりながらブログ更新と思いましたら栓抜きを持参するのを失念しました。工具箱からこんな物を取り出して開栓いたしましたが、皆様におかれましては栓抜きのご用意をお忘れ無く…。

長文、駄文、大変失礼いたしました。
IMG_9535.jpg




スポンサーサイト
2010-09-07(Tue)
 

酒旅

DPP_0001.jpg
旅の始まり

9月後半の連休、珍しく休みが取れたので旧友と一泊の旅に出てまいりました。旧友のリクエストは「温泉入って、酒飲んで、寝る。」学生の時から付き合いが続いているのは、この辺の体たらくが共通しているおかげでしょうか・・・。
新幹線で小田原に向かい、そこから小田急線で北上します。
幸運なことに小田原駅のホームにF-Trainがっ!
ワタクシ、小学校の頃は金曜の夜7時が待ち遠しかったのであります。ドラえもんが始まるとテレビの前で踊ってたっけ・・・。Fさんが、鉄道や船、飛行機と言った機械モノがお好きな方だったと後々知りましたが、機械好きのガキンチョ(今でもそうですけど)のハートを鷲掴みにしていたのであります。

DPP_0007.jpg DPP_0008.jpg

車内の広告スペースは、作品の紹介で埋め尽くされておりますが、小物もこんなに楽しいことに・・・小田急さんイイよ!こういう演出は大好きなのです。

DPP_0020.jpg

車体のドアはお約束の「どこでもドア」になっております。当日も子供たちが駆け寄っては記念撮影をしておりました・・・が、このF-Trainまさかまさかの残念な結果に・・・。

うーん・・・シュール・・・。

で、最初の目的地は神奈川県は松田町の「中澤酒造」であります。神奈川の地酒と言うとかなりマイナー扱いですが、小田急沿線に蔵元が点在しております。地元密着型の小さな蔵が多いのですが、神奈川の酒好きとしては一通り飲んでみなければと、肝臓を鍛錬する日々。こちらの蔵元は事前に連絡すれば見学できるとのことで以前から気になっていたのです。

DPP_0038.jpg

で、最寄の小田急新松田駅前では「マニラ食堂」がお出迎え。残念ながらもう営業はされてない様子ですが、隠れた松田名物の看板は健在です。

DPP_0035.jpg

静かな田舎町を歩けば、ほどなく立派な建物が・・・。

DPP_0034-2.jpg

写真にうまく表せていないのですが、蔵元と言うよりも、ちょっとしたお屋敷の雰囲気です。

DPP_0033.jpg

早速見学させていただきます。家族経営らしく、気さくな奥様が案内してくださいました。

DPP_0022.jpg

日本酒は水が命・・・今でこそ、ポンプでくみ上げていますが、かつては井戸から人力で汲み上げていたそうで天井の滑車が往時を伝えます。

DPP_0024-2.jpg

こちらはお酒を絞る機械です。機械好きにはヨダレものです。この中に袋詰めしたもろみを入れて上から圧をかける仕組みですね。奥の方は最近は使ってないそうですが、フネと呼ばれるバスタブのような部分が木製の年代物。こちらの機械も調整できる職人さんは全国に数人しかおられないとか・・・。

DPP_0031.jpg

琺瑯のタンクが整然と並びます。奥には神棚が・・・。
この後、試飲タイム。「酒ケーキ」なるものも試食させていただきましたが、これも美味しかった。勘の鋭い皆様ならお気づきでしょうが、試飲のために電車で出かけたことは言うまでもありません。
ささやかな御礼も兼ねて、しっかり買い込んで、松田を後にしました。

DPP_0046.jpg

この後、再び小田急線に乗り厚木方面へ、宿から迎えの車に揺られて山へ向かうこと20分ほど。丹沢の麓の小さな温泉にやってまいりました。見てのとおりの昭和レトロなお宿(ちょっと微妙な古さ)ですがお値段を考えれば十二分。野郎の二人旅にはもってこいです。さすがに写真は撮ってませんが、お風呂はヒノキの露天風呂でなかなか立派でした。 

DPP_0054.jpg

宿の軒先、駐車場の奥の方にはイノシシが・・・おぉ、ウリ坊じゃないか・・・かわいいなぁ・・・。
と思ったのも束の間・・・。

DPP_0062.jpg

ガーン・・・そう言う事だったのか・・・。「しし食った報い」は無かったと思いますが、とても美味しかったのも事実。いつも以上に丁寧に「ごちそうさまでした」と手を合わせつつ、夜は更けていくのでした。

シュールなオチで申し訳ありません(汗)

つづく・・・かも?

2011-10-05(Wed)
 

酒旅-2

111012_0095.jpg
収穫

皆様、こんにちは。簡単ですが前回の続きを少しばかり・・・。
翌朝、宿からのバス停に向かう途中、消防署でこんなものを発見しました。

111012_0102.jpg

厚木消防署玉川分署「ガンちゃん号」
戦前の日産車がベースのようです。プラモのブログとしては酒よりもこちらを載せなくては!車は疎い上にカーモデルはマトモに完成できた例がないのですが、こんな消防車なら作ってみたいかも。

111012_0104.jpg

111012_0105.jpg111012_0106.jpg

111012_0107.jpg111012_0108.jpg

111012_0109.jpg111012_0110.jpg

111012_0111.jpg111012_0112.jpg

何度も塗り重ねられたであろう赤がイイ味です。



消防署の前からバスに乗って本厚木駅に向かい、神奈川県酒造組合に立ち寄りました。ここでは神奈川県の全蔵元の日本酒が購入できるのですが、一見普通の事務所にしか見えないビルに入ると・・・。

111012_0115.jpg

迫力満点の冷蔵庫がお出迎え。日本酒に最適な温度と明るさに保たれております。

111012_0116.jpg

6℃だったか5℃だったか失念しましたが、中に入って選んでると凍えてきます。ちゃんと外から選べるようにカタログ代わりにファイルが用意されてるのですが、入ってみたいくなるのが人情と言うものです。
よくよく商品を見ていたら、去年から冷蔵庫で眠っていた生酒を発見。こんな素晴らしい環境で一年熟成した掘り出し物を嬉々として持ち帰ったのでありました。



で、プラモですが突然ながら部屋の模様替えに着手しました。ちょっと部屋に工事が入ったのでそのついでです。
作業台を座卓から、出窓の所に移しました。塗装ブースを窓際に置きたかったのでそれと並べるためと、姫君が部屋をウロチョロしても危険な工具に手が届かないようにするためです。

IMG_0362.jpg

完成品を並べていた棚も移動のため、一時避難。手の遅い私で、かつ72レシプロでも並べてみると結構なスペースを取ります。蜜柑山も悩みの種ですが、完成品の保管も難しいものですね。置き場所に困るくらい完成させられれば・・・ですけど(汗)

大がかりな作業は一時中断ですが、チマチマデカール貼っています。

IMG_0365.jpg

Mig15のデカールですが、以前作った赤箱エアのSpit.PR19のようにビニールのような質感で馴染みにくい物かと思いましたが、なかなかの品質です。余白も少ないし発色も悪くないかと。

IMG_0366.jpg

I-185はMigで使わないソ連のデカールを・・・と思っていたのですが、とあるお方がジャンクデカールを譲って下さいました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。無事に箱絵と同じマーキングになりました。

早く部屋を片付けて、完成に持ち込みたいですね。やはりそろそろ「次は何を作ろうか」の神様が降りてくるわけでして・・・。
そんなこんなで、本日もお付き合いありがとうございました!



2011-10-12(Wed)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。