スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

戦闘再開

1288852059462.jpg
にょきにょき

皆様、こんばんは。あっという間に11月になってしまいました・・・。
10月中に3機完成なんて目標にしてたんですが、月の後半は風邪をこじらせてダウンしっぱなしでありました。休みの日はグッタリしてて、出勤の日になると何とかなるんですが、また休みの日はグッタリ・・・。うーん、そんなに仕事好きだったっけ?(笑)
20ウン年ぶりに喘息の再来かと危惧しまて、大きめの病院で診てもらいましたが、とりあえず心配なしとのこと。そう聞けば、調子も良くなってきたような気がするんだから、現金なモノであります(汗)

そんな訳で、休工中だった蛇の目さん達もボチボチ再開です。

IMG_9812.jpg  IMG_9811.jpg
Spitはチマチマとデカール貼りを続けております。コーション類は面倒くさくて全部貼らないことが多いのですが、デカールのすんばらしい品質に敬意を表して、頑張って貼ることにします。考証面は?ですけど説明書通りにチマチマと・・・。デカールは良いんですけどインストの指示は解りやすいとは申せませぬ。しかし、これだけ良く馴染んでくれると貼ってて楽しいですね♪
迷彩のパターンをいい加減にマスキングしたので、色々おかしな点が有りそうですが、仏の目で見守ってくだされば幸いであります。

IMG_9810.jpg
Ansonは隼と同じく水彩色鉛筆で汚しを開始いたしました。大柄な機体ですし、塗りに調子を付けるという芸当が出来ないモノで、これで誤魔化します(爆)帆布表現が浮き出てエアフィックステイストが香って参りました(´∀` )
この機体、当初は偵察・哨戒機として、後に練習・輸送・連絡と何でも屋として重宝されたそうです。なので、使い込まれた姿にしてやろうと思うのです。イメージは「磨り減った下駄」で・・・いや、蛇の目だから下駄はあんまりか・・・くたびれたブーツ?なんだか「汚し」じゃなくて「汚れ」になりそうです(汗)

・・・まぁ、そういうわけで進展してないのでありますが、牛歩で進めることに致します。
でも明日は、家族サービスです。ダウンしてたツケが・・・((((;゚Д゚)))ガクガク
スポンサーサイト
2010-11-04(Thu)
 

ウシウシウシ

IMG_3029.jpg
秋深し・・・

皆様、こんばんは。
昨日の予告通り?本日は家族サービスに努めてまいりました。
従いまして、模型の方は進んでおりません(汗)あしからず・・・。

本日は、カミさんと姫様を連れて、尾張名古屋を離れ岐阜県を北上いたしました。
高速を走ること、約2時間ほど、ひるがの高原の「牧歌の里」という観光施設が今回の目的地です。

IMG_2954.jpg  IMG_2927.jpg
綺麗に整備された園内です。平日なのでガラガラであります。で、牧歌と言うわけで花畑と牧場を足して2で割ったような所であります。当然お馬さんもおられます。

IMG_2909.jpg
ウェザリングの参考になると思ってシャッター切ったワタクシは毒されてますね。

で・・・牧場と言うからにはウシさんも居るんです。当ブログは「Usi Works」と銘打っているからに、ウシとは切っても切れない関係にあるわけでして(謎)
以下、ウシ特集です。

IMG_3026.jpg
美味しい牛乳を飲ませてくれるジャージ牛の皆様。

IMG_3037.jpg
あんたぁ、どっから来たん?!

IMG_3008.jpg
まぁ、ゆっくりしていき~。

IMG_3046.jpg
人間も大変そうじゃけど、わしらにゃぁ、関係ないのぉ。

IMG_3049.jpg
そうそう。

IMG_3020.jpg
久々に登場の広報部長「ウシ君」も興奮気味。

・・・ワタクシ以前、サラダをもりもり食べておりましたら「ウシ」と言うあだ名を頂戴した時期がございまして、何かウシ好きになってしまったんですね。・・・で牛歩とかけてブログも「Usi Works」と銘打ったんですが、本物のウシさん達の草をはむ姿にはなかなか癒されるモノがございました。

・・・ただし、お昼にステーキ食べちゃったのは彼らには内緒です(ぉぃ)

家族サービスと言いつつ、本人が楽しんでいた気も致しますが良しとしましょう。
あとは土産物屋でこっそり地酒を買って帰るのです(´∀` )

帰りに高速のPAで休憩していたら、岐阜基地に着陸するC1が頭上を通過して行きました。
各務ヶ原の博物館もありますし、今度はそっち方面に展開しよっと・・・一人で(笑)

偏った内容で失礼いたしましたm(__)m
2010-11-05(Fri)
 

色鉛筆水彩作戦

IMG_9814.jpg
家族サービスの戦利品

皆様こんばんは。本日はリクエストをいただきました水彩色鉛筆のウェザリングのご紹介です。
はっきり言って、ワタクシみたいな未熟者の作業過程など公開するような代物では無いのですが、恥を忍んでご紹介します。もっと適切な方法を教えて頂くチャンスですし(^o^;)
突っ込みどころ満載でお届けします。

「Master Modelers Vol.50」2007年10月発行
IMG_9825.jpg
こちらが、ネタ元です。だいぶ前にBook Offで発見いたしました。欧州モデラーの1/72モスキートの素晴らしい作例が掲載されております。もし、お手元にございましたらご一読いただければワタクシの駄文なんぞ読む必要は全くありません。

では、早速・・・Ansonの右主翼でございます。ラウンデルの周りが荒れているのはデカールの余白を切り取ったり、タッチアップしたりと拙い工作をしたためであります。
IMG_9817.jpg

こちらを、水で濡らして(そのままでも良いと思います)水彩色鉛筆で汚れを書き込みます。雑誌の解説通りに表現しますと「空気の流れに沿って」・・・と言うことで、前後方向を意識します。
鉛筆は東急ハンズで一本150円くらいだったと思います。
IMG_9819.jpg

雑誌の作例では乾燥後に、乾いた筆で水彩を取り除く・・・となっていましたが、ワタクシは少し湿らせた筆で落としています。やりすぎた箇所は濡らしたティッシュで拭き取るか、水で洗い落とす事も出来ます。様子を見ながらそれらしくしていきます(適当だなぁ・・・)
ここでも、前から後ろに筆を動かし飛行中の空気が後ろに流れていくのを意識して汚します。
IMG_9820.jpg

で・・・こちらが乾燥後の写真です。あんまり上手く出来ていませんがー(汗)
IMG_9829.jpg

茶色やチャコールグレーを使って、チョコチョコと汚れや塗料の剥がれなどを書いては、湿らせた筆でボカし・・・を繰り返します。失敗しても水で洗って落とせます。試してないので解りませんが、つや消しのザラザラした塗装の場合はちょっと落ちにくいかも知れません。
IMG_9830.jpg

前方から見るとこんな感じの仕上がりです。正直、まだ試行錯誤中であります。
指でこすったくらいでは落ちませんが、この後クリアーを吹いて保護します。ワタクシはラッカー系のクリアーを吹いてしまいますが、水性の方がベターかも知れません。
IMG_9828.jpg

今までは機体のウェザリングは、墨入れくらいしかせず、博物館の展示機みたいな仕上がりにしていたのですが、(と、言うかそれしか出来ない)ただいま色々と勉強中です。この後、クリアーを吹いてパステル粉でも試してみようかと思案しております。

飛行機の場合は、AFVのような汚れ方はあまりしないと思いますが、記録映像を見ると大戦中の蛇の目とか結構デロデロなのもあるんですよね。やはり現物の写真、それも現役時代のカラーのを見てイメージを膨らませるべきなのでしょう。ネットでは限界があるし、やはり資料本ですかね?
蛇の目全般が掲載された、写真が豊富な本などご存じの方がおられましたらご教授願えれば幸いですm(__)m



2010-11-06(Sat)
 

あいたた・・・

IMG_9833.jpg
この時はまだ良かった・・・

皆様、こんばんは。若干ペース落ちてますがチマチマ更新です。
JMCまで、あと一週間なのですね。ワタクシは両日とも労働にいそしむため参加できませんが、いつかお邪魔させて頂く日を夢見ながらマトモな作品を作れるように努力する所存です。
追い込みで頑張っておられる皆様に負けないように、お手つきさんを成仏させねば!

・・・で、Ansonです。デカールのタッチアップと色鉛筆でちょっと汚し(汚れ?)を施しまして、つや消しのクリアーを拭きましたのが上の写真です。なんかクリアーの塗料を載せたら色鉛筆が消えてる気もしますね・・・(汗)もう少しクドめにやるべきでした。
デカールもシルバリングしてるし・・・(´Д`υ)

で、今回はパステル粉も使ってみます。鉄道模型をいじってる頃に使ってましたが、飛行機に使うのは初です。

IMG_9836.jpg  IMG_9837.jpg
ダイソーウェザリングマスター・・・ではなくてパステルBセット!昔は画材屋さんで買った覚えがあるんですが、今や100均に!色もちょうどいい色が揃って100円であります。ついでに筆と削ったパステルを入れる化粧クリーム入れも買いました。
で、カッターで削って黒のすす汚れ、白とグレーを混色した物、焦げ茶と茶と黄土色の混色で英吉利の土埃色?を作りまして、筆で擦りつけました。もう一度クリアーを吹いて・・・すみません。はしょって写真がありません・・・。

で、クリアーも乾いたので今回の最大の鬼門である、キャノピー等々のマスクを剥がしましたが・・・。

IMG_9838.jpg

このキットのキャノピーはツルツルの部品なので、細切りのマスキングテープで窓枠を再現しております。その上にガイアのマスキングゾルを塗り塗装してあったのです。
で、窓枠にデザインナイフで切れ込みを入れて、ゾルを剥がします。
ここまで作業しておきながら、多分上手く剥がせないだろうなと予想はしていたのですが、案の定、お世辞にも綺麗とは言えない有様に・・・(;´Д`)

IMG_9844.jpg

さらにイタタなのは反対側。クリアパーツに亀裂が入っていました・・・ヽ(`Д´)ノウワァァァン
いや、多分エナメルシンナー負けです。自業自得であります。
放り投げたい所ですが、致し方なし。こんなんを晒してお恥ずかしい限りです(´・ω・`)

IMG_9846.jpg

まぁ、凹んでても仕方ないし、一杯やって寝んべ!と、言うことで開封!
いつもお世話になっている先輩から戴いた一品であります。先輩に敬礼して頂きます!
広島は賀茂泉酒造の「いけないお酒」であります。ラベルもちょっと艶やかでありますが、口当たりも優しい、そしてちょっと甘酸っぱい味わいでありました。やけ酒のつもりが広島美人に「あんちゃん、次行ってみんさいー」と言われたような、言われてないような・・・。
まぁ、蜜柑山に練習台はいくらでもあるし!わははー!

・・・はぁ。

仏の心でご覧頂いてる皆様には申し訳ない次第でありますが、こんな水準でもブログに晒して楽しんでる人が居ますよーと、プラモデルという趣味の裾野が広がれば良いなと思ってる次第であります・・・と、屁理屈こねて言い訳してみる(汗)
2010-11-13(Sat)
 

汚れスピット

IMG_9860.jpg
ちょっとやりすぎた・・・

皆様こんばんは。すっかり季節が冬に移行しておりますね。
JMCも間近で参戦される皆様は準備に余念がないところでしょうか。
ワタクシは両日とも実は尾張から江戸へ行かなければならないのですが、いかんせん労働中という「おあずけの犬」状態であります。敵前逃亡したいのぅ・・・。

で愚痴は置いておいて・・・Ansonコケたんで(笑)Spit進めてます。君はちゃんと立派な完成品になるんだぞ!

薄汚い(苦笑)トップ画像でお届けしておりますが・・・先日、本屋さんで「世界の傑作機」のハリケーンを買ってしまったのです。で、現役当時の実機の写真をあれこれ見ていたら頭の中はデロデロに汚れた蛇の目一色に!と言うわけで、手元のSpitが尊い犠牲になったわけであります。

IMG_9849.jpg
こちらがデカールを貼り終え(珍しくwちゃんとコーションレターまで貼りました)半ツヤのクリアーを吹いた姿であります。以前なら軽く墨入れして終了ですが、今回は慣れないクセに汚してみます。

で・・・勢いよく?進めたので途中画像失念でありますが・・・。

グレーの色鉛筆で気流みたいな汚れを書いて → つや消しクリアー → 灰色と茶色系、すす汚れに黒いパステルをスリスリ → またつや消しクリアー → エナメルで墨入れ(白とグレーを混ぜたモノ、白帯部分はジャーマングレー) → 少し拭き取り

写真撮っとけよ!わし!
・・・すみません。
余裕があるときは良いんですけど、必死になると写真を忘れます(汗)

IMG_9855.jpg  IMG_9856.jpg

で、現在はこんな感じであります。

IMG_9857.jpg
見る方が見れば突っ込みどころ満載!墨入れの白がちょっとクドいので、もう少し拭き取ろうかと思います。恐らくエナメル塗料も白っぽくしすぎましたね。
でも、個人的には結構満足。志が低いのです。多分ですけど、ペラとキャノピー付いた格好いい姿に満足してるのだと思われます。何でこのキット買ったかというと、単純にバブルキャノピーのSpitが作りたかったからなんですよね。本当はMk.22が好きだけど、72でワタクシの手に負えそうなキットは多分ないし・・・。

IMG_9852.jpg
コケ気味のAnsonですが、ボロボロ、ヒビヒビの窓ガラスの後始末。
曇ってる箇所にはメタルプライマー。ヒビが入った箇所には、先輩のありがたいアドバイスを参考に自己責任でwグレートーンのクリアーを塗ってゴマカシ作戦。
・・・結果は、多少マシになりました。もう、このまま行っちゃいます(笑)
我慢できなかったら、レストアすればいいんだ。いつの日か。うん。そうだそうだ。

20101153.jpg  20101127.jpg
で、Ansonには目をつぶって、Spitに自己満足しつつ今夜の一杯を・・・。
名古屋市は名東区の東春酒造「東龍」と、近所の魚屋さんのお刺身盛り合わせ。
ワタクシ、吟醸酒はあまり飲まない(残念ながら味が鑑別出来る能力が無い)のですが、たまには良いモンですね。封を切ると、フルーティーな甘い香りが・・・。
お刺身は、中トロとアワビ(!)が一切れずつ入って500円のお値打ち品。
名古屋駅西側のレトロ商店街でとっても頑張っておられる魚屋さんの渾身の一品。
ネタも色々なモノが少しづつ・・・の、呑んべの強い味方です。
中トロとアワビが目を引きますが、実は飾り?でレギュラーに入ってるネタも含めて、スーパーのそれとはレベルが違います。もし、名古屋にお住まいの呑んべの方がご覧になっておられましたら、是非お試しを。魚屋の向かいには酒屋もございます。


・・・ところで、このSpitはちょっと急ぎで(当社比ですけど)完成まで持って行くつもりです。
と、言うのも、多分こいつが当UsiWorks名古屋工場の最後の完成品になりそうだからです。
あっ、もちろんプラモもブログも続けます!ただ、移転が発生しそうでして・・・(汗)
まだ、ちょっと詳しく書けないのもので、その辺りは後日お知らせしようと思いますm(__)m
2010-11-19(Fri)
 

1/72 Spitfire Mk.14e (FUJIMI)

IMG_9878.jpg
とんでけ~!

皆様、こんばんは。駆け足気味でSpit完成にこぎ着けました。(あちこちはしょってますが)
前回、やりすぎた墨入れを少し落として、脚を取り付け。アメリカーナを水で薄めて、台所洗剤を一滴垂らしたモノで、ちょいと足回りの汚し。ピトー管の取り付け。などを致しております。

あっ、照準機を付けていましたら、機内に落っこちて逝きました(絶叫)
振っても振っても出てこない~(涙)
いつの日か、ジャンクパーツが手に入るまで機内搭載と言うことで煙に巻きます。
つきましては、キャノピーは貼って剥がせる糊で付けております。
キャノピーの後端がなんだか浮いてるよう見えるのは気のせいではありません(汗)

と、言うわけで完成記念撮影。

IMG_9893.jpg

IMG_9895.jpg

基本的にいつもの通り素組であります。
手を加えた箇所は・・・
コックピット、座席の後ろの防弾板とヘッドレスト周りデッチアップ。
尾輪を収納式らしきものに加工。
翼端灯、ランナーでクリアー化。カメラの窓はジャンク購入でパーツが無く、クリアーランナーを削ってはめ込み。
下面のカメラ窓は、無いという情報を信じてモールド埋め。
プロペラを真鍮パイプとピアノ線でフーフーしたら良く回るように加工。
はい、おしまい(笑)

IMG_9896.jpg

隼に続き、ウェザリングで粗を誤魔化そうという事で、色鉛筆、パステル粉、エナメルなど動員しております。はっきり言って勉強不足ですが、雰囲気は出たかなと自己満足であります。

IMG_9904.jpg
エアのPR.19とツーショット♪

エアに比べるとゴッツイ感じが出ていますね。切断翼とグリフォンの組み合わせも迫力があります。
キットは分割が多い、組みにくいとの評判を聞きますが個人的にはそこまで酷くは無いかと思います。合わせもパチピタとは行かない箇所はありましたが、修正に困るような代物ではありませんでした。スジ彫りもくっきりしていて私的には好みです。
あと、特筆すべきはデカールが素晴らしい品質であること。ワタクシが下手くそなのもありますが、組み立て→塗装まで終わって最後の最後でデカールがマトモに貼れないとショック大なのであります。
Mk.22とかSeafireも出してくれれば良かったのになぁ・・・。
最近、飛行機の新製品も出ているので今後に期待!頑張れFUJIMI!

以下、6方向からお届けします。
IMG_9868.jpg IMG_9869.jpg

IMG_9866.jpg IMG_9867.jpg

IMG_9897.jpg IMG_9873.jpg

あっ!アンテナ付けてない(汗)
2010-11-20(Sat)
 

転属命令


まさかまさかの・・・


通知

        名古屋航空隊 so-suke 二等飛行兵曹

        12月1日付で 東京航空隊 二等飛行兵曹 を命ずるから通知する
 
                                              以上


かくして、司令から事前通知を頂きました。主計長に耳打ちされていたのではありますが、これで正式に東京への転属が決まりました。

ワタクシは3年前に東京から名古屋に派遣されてきたので、いつかは帰ると決まってはいたのですが、今の職場は人手不足につき、しばらくは無いものと思っていたのです。
お世話になった名古屋の街に別れを告げ、ワタクシは帝都へ帰ります。

で、住処や引っ越しの手配は正式に命令が出て、今日以降に全部やるという・・・(爆)
29日まで名古屋で勤務し1日から東京に来いとの命令でしたが、どこの会社でもこんなモノなのでしょうか?
しばらくは激動の毎日であります。

問題はUsi Worksの引っ越しであります。
工具の類は、新聞紙にでもくるんで箱にぶち込めば良いとして、少ないながらも、そして下手くそながらも完成させた機体をどうやって梱包するか?
一機ずつ、サイズに合わせて段ボールを組み合わせ、梱包しようかと思いますが、果たして間に合うのか・・・(汗)





2010-11-24(Wed)
 

梱包

201053.jpg
天気晴朗

皆様、こんにちは。
写真は先日、愛知の思い出作りに知多半島に出かけてきた時のです。
名古屋に住んでいる間に、色々行っておこうと思っていたのに半分も行けてないですね。

いつでも行けると思うと、身近な場所ほど足を運ばなかったりします。

さて、そんなこんなで引っ越しが迫っております。
普通の家財道具なら引っ越し屋さんに梱包してもらう手もありますが、模型グッズと完成品だけはそうも行かないので、何とかしなければならないのです。

そして、ワタクシ捨てられないタチでありまして、水準の低い完成品ばかりなのですが、捨てることも出来ず、引っ越しで持って行くなら破損するのは悲しいわけでございます。

そう言うわけで、段ボール梱包輸送作戦を実施しました。
せっかくnananiya72さんに、もっと有効な方法を教えていただいたのに、コメントを拝見する前に勢い余って自己流でやってしまいました(汗)

昨年のModel Art誌で紹介されていた方法の、手抜きバージョンです。

20101120.jpg

カッターナイフ片手に段ボールとガムテープで、ペタペタと・・・夏休みの工作気分で、慣れてきたら1機あたり20分くらいで作れました。
台座の上に、機首・胴体・主翼両端に合わせて口の字にした段ボールを固定します。口の字段ボールの高さは垂直尾翼より高くなるようにします。それぞれ、車輪が浮く高さに切り抜いて機体をセット。そのままではスポンと抜けてしまうので、段ボールで主翼と機首を押さえて固定します。
もちろん完璧ではないので、壊れなかったらラッキーと言うことで。
こいつは引っ越し便じゃなくて、自分の車に積んで運ぼうかな・・・。自分の運転だって丁寧とは言い難いですが、それで壊れたら諦めがつくし。

早く、落ち着いて模型をいじれる生活に戻りたいモノです。
もっとも、「我慢できない子」なので無理矢理にでも再開しそうですが・・・。
ブログも、このような拙い中身にも関わらず、訪れてくださる方やコメントを残してくださる方がおられるわけでありまして、続けていきますので多少更新をサボるかも知れませんが、気長にお付きあいいただければ幸いであります。
2010-11-25(Thu)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。