スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

上下合体

20120502_0580.jpg
どうにかこうにか

皆様、こんにちは。今日は東海~関東は大雨の予報とかで・・・。
こんな時に限って出勤な訳ですが、連休でお出かけの方はお天気が心配ですね。
ワタクシは、連休関係なしですけれど、この時期は書き入れ時なので、晴天であってほしいものです。

で、Bu133何とか上下合体させました。

20120502_0576.jpg

両翼の支柱は、岡戸先輩のアドバイスに従い粘度のある接着剤で・・・と、言うことでランナーをラッカーシンナー漬けにして、パテと接着剤の合いの子を作りました。乾燥までの間、位置を調整可能。隙間は埋めてくれるし、プラを強力に溶かすので曖昧な噛み合わせのパーツでしたが、上手く接着出来ました。

問題は機体と上翼間の支柱。すり合わせ不足が原因ですが、なかなか噛み合わず、強引に瞬着で付けました。仕上がりは苦戦の跡が伺える代物となっております(@@;)
どうも片方の支柱が、寸足らずだったらしく「バキッ!」と逝きまして、一緒真っ白になりましたが、お陰で辻褄が合いました(笑)
骨接ぎは荒療治のため、見た目はアレですが仏の目で御覧下さい。

20120502_0581.jpg

20120502_0583.jpg

20120502_0582.jpg

色々粗だらけでしょうけど、まだ破綻してないと信じてますw
次は・・・張るぞ・・・張れるのか?

てるてる坊主にお願いしつつ、夜勤に出撃するのでありました。



スポンサーサイト
2012-05-02(Wed)
 

1/72 Bucker Bu133 Jungmeister (Heller)

20120507_0586.jpg
オリンピック精神

皆様、こんばんは。
前回、ガタガタになりながら上下合体を果たしたBu133、めでたく完成いたしました。
作業の方は、張り線を施し、小物の取り付けで終了です。
初めての複葉、初めての張り線と言うことで、全面的に作左さまの記事を教科書にさせて頂きましたm(__)m
全然、技術が追い付けておりませぬが、ワタクシの下手な所作よりも、スバラシイ記事をご参照ください。張り線が身近になること請け合いです。なお、張った糸は、フジックスのモノカラ―#60です。

例によって完成にこじつけた代物ですが、ご笑覧頂ければ幸いです。

20120507_0588.jpg

手のひらサイズの可愛いやつです。

20120507_0589.jpg

風防はプチトマトのパックから転職してもらいました。

20120507_0590.jpg

尾翼のドイツ国籍はジャンクデカールを切り刻んでそれらしく・・・。

20120507_0592.jpg

「D-EKRE」のレターはミラクルデカールで自作してみました。

20120507_0591.jpg

Hellerの古ーいキットですが、ワタクシの現物合わせ適当工作でも、一応形になる辺り、優秀なキットだと思われます。

20120507_0596.jpg

機体にかかわらず、この角度がちょっとエロくて好きだなぁ・・・。

20120507_0598.jpg

間違いだらけの、大きさの比較・・・。
出来栄えはともかく、苦労?した分、お酒がおいしぃ。
見栄えはさておき、自分にはちょっと無理かな?と思うキットを完成させた喜びは大きいのであります。
そして未経験の作業が多かったので、BMの先輩方をはじめ、沢山の方の知恵をお借りしなければ完成はありませんでした。この場で改めて御礼申し上げます。

さて、あとはSpit二つ、静岡に持って行けるでしょうか(汗)

それでは、本日もお付き合いありがとうございました。

2012-05-07(Mon)
 

突貫工事

20120515_0410.jpg
春は短し

皆様、こんばんは。静岡まで一週間を切ってしまいました。
と言うわけで、牛歩が身上のUsi Worksですが、巻きで行きます(笑)
大丈夫、急いだって仕上げが見劣りする心配はありません。
だって、もともと粗いもん( ´∀`)

なお、心配された休暇ですが、今年は見事に取得に成功。
できれば金曜日から静岡に乗り込みたいところであります。

問題は完成に持ち込めるか!

20120515_0604.jpg

初期型Mk.Iの垂直尾翼には、ラダーホーンのバランスガード(?)が付いています。
0.4mmの真鍮線でそれらしく・・・。

20120515_021639.jpg

・・・しましたが、実機の写真(シリアルもずばりK9795)を見ると形が違う。
見ちゃったものは仕方ないので、再度それらしく・・・。
岡戸先輩に、数種類の形状があると教えて頂きました。深い・・・深すぎる。

20120515_0600.jpg

Mk.Iは下面ジュラルミン無塗装のマーキングにします。
動翼はドープと言うことで、白を混ぜた8番シルバー。後はガイアのEXシルバーです。
ちょっとギラギラしすぎか・・・。パネルラインに沿って黒を少量混ぜだ同シルバーを吹きました。

20120515_0601.jpg

Mk.IIはパネルラインに黒を吹いてから、クレオスのダックエッググリーンを吹いております。
特色が良いのでしょうが、最近店頭で見かけないですね。

20120515_0608.jpg

完全に途中画像を失念しましたが、半田線と練り消しでマスキング。
ダークグリーンはクレオス特色。何だか色が淡いように感じたので、クレオスの302番を後からちょっと吹いています。ダークアースは、これまた特色が無いので元祖22番ですが、21番を少し混ぜて黄色っぽくしてみました。色の迷宮は苦手なので効果のほどは?ですが・・・。

20120515_0611.jpg

Mk.Iはライジングデカールの19sqを使用。K9795に仕立てます。一番最初にスピットを受領した部隊だそうです。フィルムがちょっと柔らかいですが、馴染みも良好。ただ、ラウンデルの黄色はこんなにレモンイエローっぽい色なのかしら?

20120515_0610.jpg

Mk.IIはエアのキットに付属のP8088。このデカール最高品質だと思います。初期の赤箱でSpit PR.19を作った時の物とは明らかに違いますね。コーションレターもたっぷり付いておりますが、気合入れて全部貼ってあげました。
安価なキットですが、これだけのデカールが付属するのは素晴らしいと思います。
今回の2種に関しては別売りデカールでは無くて、エアの付属デカールに軍配ですね。

と、言うわけで後は小物の取り付け。
K9795は1938年当時のマーキングですから、綺麗に仕上げるつもりですが、Mk.IIは汚しまで行けるといいなー。

もう少し頑張ります!

本日もお付き合いありがとうございました!







2012-05-15(Tue)
 

すべりこみ

20120518_0625.jpg
できたー!

どうにかこうにか、静岡までに完成にこじつけました(汗)

まぁ、あちこち粗だらけですが、枯れ木も山もの賑わいと言うことで。

では、詳しくはweb静岡で!

後日、ちゃんとアップさせて頂きます。

これから梱包しないとな(汗)



2012-05-18(Fri)
 

行ってきました

IMG_4954.jpg
うれしはずかし晴れ舞台

皆様、こんにちは。行ってきました静岡ホビーショー。
今回は休暇の取得にも成功し、金曜日の夜から静岡入り、2泊3日でホビーショーにどっぷり浸かってきました。初参加で不慣れな部分ばかりでしたが、Blog ModelersとYDCCの皆様のお陰で、大変楽しく過ごすことができました。
改めて御礼申し上げます。来年もなんとか休暇を確保せねば・・・。
それと、もう少しマシな物が作れるようになると良いのですが・・・。

IMG_0627.jpg

お約束の戦利品は、キットが一つ・・・。

IMG_0629.jpg

デカールが二つ・・・。

IMG_0626.jpg

工具が三つ・・・。

IMG_0631.jpg

あと、パーツが一つ。すいません。これ開封してしまいました(汗)

散在は割と控えめ・・・でしたが、懇親会のあとBMの某先輩とこってり飲んでしまいまして・・・。
翌日は昼まで死んでました\(_ _ ;)ハンセイ…

良く考えたらピンセットは新橋で買えたなぁ(笑)

持ち込んだSpitたちは、今日写真を撮ったので別記事でアップしようと思います。

で、次の製作ですが・・・。やる気になってるうちに始めてみました。

RIMG0493.jpg

あと、零戦祭り協賛でこれも考え中・・・。大佐殿が作っておられたのを見てから気になる訳で。

RIMG0496.jpg

沼津祭り(仮?)はこれにしようかな・・・。
作左さん、本当に沢山、ありがとうございましたm(__)m

RIMG0495.jpg

もっとも、手が遅いワタクシにつき、欲張りは危険ですね。
もし、いつの間にか登場しなくなっても突っ込みはなしでお願いします(汗)
静岡後で皆さん至福の次回作思案タイムでしょうか・・・。

それでは本日もお付き合いありがとうございました!





2012-05-23(Wed)
 

1/72 Spitfire Mk.I [K9795] (Airfix)

20120523_0723.jpg

Supermarine Spitfire Mk.I (K9795) No.19 Sqn, Duxford 1938

20120523_0722.jpg

静岡ホビーショーに向けた突貫工事で完成したスピットです。
1938年、最初にスピットが配備された19sqnの機体を再現しました。

20120523_0727.jpg

キットは Airfixの新金型スピットにライジングデカールの組み合わせです。基本的に素組ですが、機首周り、エンジンカバーのファスナーが「穴」になってるので、埋めてからナナコタガネで打ち直しました。その他、最初期型に近づけるために小物を加工しています。開戦前の機体と言うことで、汚しはせずにロールアウト直後のピカピカを意識しました。

20120523_0739.jpg


キットには最初期型スピットのキャノピーと2丁ペラ、棒状のロッドアンテナがコンパチパーツで付属します。アンテナは基部だけキットのパーツで真鍮線に置き換えました。アンテナ後方の標識灯は真鍮版に涙滴形の穴をあけて、炙ったクリアランナーを押し付けたものでそれらしく。apuroさんに教えて頂いた豆ランプが大活躍しました。

20120523_0737.jpg


垂直尾翼のバランスガードも真鍮線でそれらしく。この形状は複数あるそうですが、ずばりK9795の写真に従い扇形に加工。(岡戸先輩アドバイス)

20120523_0740.jpg


ピトー管も独特の形状です。真鍮線をはんだ付けし、あとはパテ盛り成形です。

20120523_0726.jpg


照準器は光学照準器ではなく、リング状の照星のみなので、自作・・・しましたが見えない(笑)

20120523_0721.jpg


右舷。

20120523_0720.jpg


左舷。

20120523_0736.jpg


上から。

20120523_0735.jpg
下から。
初期型はジュラルミン無塗装と言うことで、ガイアのEXシルバーを吹き、パネルライン周辺に黒を追加した物を吹いております。動翼は銀ドープなので8番シルバーに白を混ぜたもの。

20120523_0732.jpg

ちょっと飛ばしてみましょう(笑)

20120523_0724.jpg

あっ、お尻からも忘れずに。

総括は次回、Mk.IIaの記事で・・・。

製作記のまとめはこちらからどうぞ。
2012-05-24(Thu)
 

1/72 Spitfire Mk.IIa [P8088] (Airfix)

20120523_0703.jpg
Supermarine Spitfire Mk.IIa (P8088) No.118 Sqn, Ivesley 1941

20120523_0702.jpg

続いて同時進行しました、Mk.IIaのご紹介です。MK.Iと同じキットですコンパチで、ダンゴ鼻のスピナーや機首の右舷側、コフマンスタータ―のバルジのパーツが付属するなど、なかなか細かいです。こちらもほぼ素組ですが、機首のエンジンカバー、ファスナーはナナコタガネで打ち直しました。

20120523_0705.jpg

1941年、バトル・オブ・ブリテンを戦い抜いた機体を意識して、汚してみました。主翼のフィレット周りは、下地にシルバーを吹いてデザインナイフでカリカリやった後、ドライブラシでそれらしく。アンテナは真鍮線のハンダ工作で置き換えました。なお、拙リサーチの結果、この時期の機体は無線機が更新されておりアンテナ線と、アンテナに付いている三角のアンテナ線取り付け基部(これは残ってる機体もあったらしい)は無い模様です。

20120523_0716.jpg

世傑の写真をイメージして、主翼の前縁はリペイントされた跡を再現しております。

20120523_0717.jpg

排気管も焼けて白んだり、錆が浮いた雰囲気を目指しました。照準器のスクリーンは炭酸水のペットボトルですが、72には分厚すぎますね。

20120523_0712.jpg

右舷。

20120523_0714.jpg

左舷。

20120523_0713.jpg

正面から。

20120523_0715.jpg

上から。

20120523_0708.jpg

ちょっと飛ばして見ます(笑)

20120523_0707.jpg

あっ!腹は見せちゃだめだ!!
・・・下面は実機の写真で盛大にオイルが漏れてたのを再現しようとしましたが、あえなく観察禁止になりました(汗)

20120523_0706.jpg

お約束の、お尻から。

spit.jpg

ドカ山師匠を真似て、トイカメラ風味で遊んでみました。撮り方がアレでしたけど・・・。

どうも、結果的に汚さない方が良かったというのが正しい気がします。が、本人的には初めて本格的に汚してみて、意外と気に入っていたり(自分に優しい)やらないと上達しませんしね。

エアの新金型Mk.Iを2機製作しましたが、PR.19、MK.IXのキットに比べて、パネルライン、コクピットなど格段にディティールが進化しております。キャノピーも厚みはありますが、透明で磨いたように綺麗です。組み立てやすさは折り紙つき。デカールもコーションレターはてんこ盛りだし、貼りやすさも最高品質かと思われます。
で、これでお値段1000円でおつりが来ますよ!奥さん!

残念ながらプロポーションについては、ワタクシ詳しく鑑別できませんので諸先輩方の目でご判断頂ければ幸いです。

ちなみに、キャラメル箱入りのMK.Iaのキットも有りますが、こちらは同じ金型で初期型MK.IとMK.IIaの部品を省いたものです。こちらは更にお安くなってるかと思います。

ワタクシがエア贔屓なのもありますけど、正直1/72のニューキットをリリースしてくれるのメーカさんが限られているのです。後は東欧系の簡イくらいでしょうか・・・。こちらは品質はともかく、お値段の問題があるのです。

やっぱり1000円位で遊べるキットが楽しいな!
と、言うわけでご賛同いただける皆様には、是非模型屋さんで赤箱にお布施投資を!
えっ?再販品の地雷を踏んだ?
それも楽しいじゃないですか!デカール買ったと思えばいいし(爆)

製作記のまとめはこちらからどうぞ。





2012-05-25(Fri)
 

1/72 Polikarpov I-185 (MAQUETTE)

20120523_0639.jpg
Polikarpov I-185

20120523_0638.jpg

はい、怒涛のベランダ撮影会シリーズ、第3夜はこちらです(笑)
昨年の11月に完成させていたのですが、ちゃんと写真を撮ってなかったのでスピットと一緒にベランダ撮影会した次第であります。
キットはロシアのマケット製。パーツを見ただけでヤバさがビンビン伝わってくる、凶悪なキットですが、なぜか着手してしまいました。理由は良くわかりません。
なお、悪く書いておりますが、実は先輩からの頂きものでありますm(__)m
ついでに言うと、これが初めて作ったロシア機です。色々と間違っている気がします。

20120523_0640.jpg
右舷。

20120523_0641.jpg
左舷。

20120523_0645.jpg
上から。

20120523_0652.jpg
下から。

20120523_0654.jpg
飛んでけー。

20120523_0642.jpg
お約束のお尻です。

所謂「地雷キット」やオールドキットを素晴らしく仕上げるのは、実にカッコいいのですが、そんな実力が有りませぬ故、「素人がそのまま作ったらどうなるの?」がコンセプトです。素組と言いたいところですが、カウリングの先端はどう考えてもオカシイのでパテ盛りしてそれらしく成形しております。それ以外はありとあらゆる力技で形になってもらいました。
でも、形にするだけなら、意外とマトモだったかも。
最近、どこかの簡易メーカーからニューキットが出たみたいですが、まだ捨てたもんじゃないかも?!

製作記事のまとめはこちらからどうぞ。


2012-05-27(Sun)
 

1/72 Mig-15bis [Hungarian Air Force] (Airfix)

20120523_0658.jpg
Mikoyan-Gurevich Mig-15bis 101 Reconnaissance Wing Szolnok,Hungary, 1971

20120523_0655.jpg

ひつこく続く、屋外撮影シリーズ、第4夜は最終回。こちらも、昨年の11月に完成させていたMig15です。
ジェット機はあまり作りませんが、ジェット黎明期の機体は試行錯誤の結果、個性的なデザインが多くて好きです。
キットはAirfixの新金型。72のMig15はあまりキットに恵まれているとは言えず、喜んで購入された方も多かったのではないでしょうか。キットは近年のエアスタンダードで、やや太目の筋彫りです。筆塗を考えてなのでしょうか?組み立ては非常に楽でした。

20120523_0656.jpg
ただし、プロポーションはイマイチか・・・。エアの旧キットと同じ寸法らしく、全体に大きすぎるそうです。それからキャノピー、私の目から見ても似てません。天蓋の窓枠も省略されてます・・・なんで?

20120523_0659.jpg
機関砲は真鍮パイプに置き換え。キャノピーの窓枠はファインラインテープを貼って再現しました。

20120523_0669.jpg
キャノピーの右舷側に、思い切り傷をつけてしまい、弾痕みたいになっています(汗)
マーキングは定番の銀塗りではなく、ハンガリーの3色迷彩。デカールは高品質ですが、ハンガリーの国籍マークに使う緑の●が2つ足りません。塗装図の色もかなり?です。エアの「テヘッ」って声が聞こえてきますね。

20120523_0667.jpg
右舷から。

20120523_0668.jpg
左舷から。

20120523_0676.jpg
飛ばして見ましょう。

20120523_0664.jpg
お約束のお尻。ここはレシプロのセクシーさが無いなぁ・・・。

何といいますか、作りやすいし、部品、デカール、塗装図も綺麗なのですが、不足や間違いが所々。でも、スピットMk.Iを見るに、以降の赤箱新金型では改良されている気がします。
文句を書きましたが、完成させちゃえばカッコいいので、お気に入りです♪

製作記のまとめはこちらからどうぞ。


2012-05-28(Mon)
 

お祭りサンバ

201205290502.jpg
沼津縁側爆弾・炸裂の瞬間(イメージ)



それは突然やって来た・・・

(ヤマト風に読んでくれると幸いw)
西暦2012年5月
突如so-suke家は『SAKUZA』と名乗る謎の人物より模型爆弾の無差別攻撃を受けたのだった。
爆弾には大量の危険物質=プラモデルが含まれていたため、密柑山は崩壊し、家人は不機嫌となった。
むろん、大量の模型で埋め尽くされた大地(※模型部屋)は足の踏み場も無い死の世界となった。

その頃日本各地で多数のモデラーが沼津からの模型爆弾による無差別爆撃の被害を受けている事が判明、有志により『沼津縁側爆弾被害者wの会』を設立、この未曾有の難局を団結して対抗する事とした。



えー、完全にドカ山師匠の秀逸なオープニングをコピペしております。
だって、うちも同じ状況だったんだもん。テヘ。
その日は夜勤明け、すでに各地の被害状況は入電していたのであります。

「パリ、正午より沈黙!」「モスクワ、さよならを打ち続けています!」・・・みたいな。

「女房・コドモは無事かっ!」帰宅を急ぎました。玄関で何事もなかったかのようにカミさんに迎えられ、安堵したのも束の間、
自室に入ると行く手を阻むかのように、「あの箱」が鎮座していたのであります。
あぁ、思い出すだけでも・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて(笑)せっかくなので皆でジャンジャン作ろうと言うことで、岡戸先輩、躍人さんのご協力もあり、バナーが完成しました。ご自由にお使いください。



numazu-victims240_144.gif

numazu-victims180_108.gif

numazu_victims150_90.gif



20120529_0751.jpg
で、キットはエレールのスピットに決定。静岡でデカールも買ってあるし、サクッと作るぞ・・・。筋彫りは・・・どうしよう(汗)

20120529_0752.jpg
零戦祭りの二式水戦と合わせて早速着工です。



お手付き報告をもう一つ、Pavlaのスピット偵察型改造パーツを静岡で入手。この手のパーツは使ったことが無かったので一度やってみたかったのです。

20120529_0743.jpg
取り出したるはエアのスピットMk.I(旧金型)すらっとした美人さんであります。

20120529_0744.jpg
ありゃりゃ?全然合わないじゃん??パーツの合いはイマイチと聞いていたので、色々やってみるも何かおかしい。で、海外の作例を見ると新金型のスピットで組んである。
・・・って事はこのパーツ新金型用?�(・∀・)イヤン!!

気付いた時には、旧Mk.Iの胴体をかなーり削った後で手遅れ状態・・・仕方ないので新金型のキットをもう一つ買ってきましたよ(汗)
削っちゃった旧金型はとりあえず封印m(__)mハンセイ
余ってる新金型のキャノピーを移植できないかな・・・(超泥縄)

どちらにしても、偵察型用キャノピーの合いはイマイチなので、風防は開けることになりそうです。
こちらは腰を据えてじっくり行くことにしましょう。

20120529_0755.jpg

以上ですでに3機お手付き状態なのですが、さらにはミニミニ祭り(仮称)の噂が・・・。
どう言うわけかキットはあるんですけどね・・・えぇ・・・ただカーモデルは・・・(滝汗)
オリンピック精神もくじけそうですが、他のお手付きさんの進捗次第では参戦したいな・・・。




2012-05-29(Tue)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。