スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

帰省など

20121110_0066.jpg
秋空を往く

皆様、こんばんは。
プラモも更新もサボり気味に来週はJMCと言うことで、少々焦っております。
公私ともに、結構バタバタと過ごしております。

20121110_0026.jpg

11月3日、入間基地航空祭に行ってきました。土日が休みになりにくいのと、人ごみがあまり好きではないので、この手のイベントは行った事が無かったのですが、旧友からの誘いで出かけることに。
噂には聞いていましたが、ものすごい人手にびっくり。地上展示などなど気になりましたが、旧友は飛行機好きと言うわけでは無いので、ブルーインパルスだけしっかり観ることにしました。

20121110_0063.jpg

望遠レンズを持っていかなかったので、ブルーインパルスの素晴らしい演技は目に焼き付ける・・・つもりでしたが、引いた絵で遊んでいました。

演技も終盤、バードストライクがあったそうで途中で終了となってしまいましたが、堪能させて頂きました。久しぶりに鳥肌が立ったなぁ・・・。



R201211100918.jpg

話が前後しますが、10月の末に休暇が取れたので両親の郷里に帰省してきました。
恐らく、日本一お城の最寄駅なこちらで新幹線を乗り換えて、備後地方の山あいに郷里があります。

20121110_0015.jpg

畑で新鮮野菜に小躍りしたり。

20121110_0035.jpg

カメラを持ってブラブラしたり。

20121110_0070.jpg

久しぶりに風呂焚き係をしたり。

R201211100879.jpg

尾道の街まで足を運んでみたり。

20121110_0046.jpg

色々と所用が有って、それほどノンビリはできませんでしたが、子供の頃の夏休み・冬休みの思い出に浸ることができました。



はい。と、言うわけであまり進化してないスピットさん達(笑)
機体のウェザリングに着手しております。

20121110_1101.jpg

2機ともクリアーを吹いて、スミ入れを行いました。
今回は、タミヤのエナメル塗料(ラバーブラック)をぺトロールで溶いてみました。こちらの方がプラに優しいとか・・・。ふき取りは匂いも少ないテレピン油を試行。
つや消しのクリアーに、エナメルシンナーを使うと汚くなる事が多かったのですが、こちらの方が綺麗にふき取れるような気がいたします。もちろんプラシーボの可能性も大です。
プラに優しいのは事実のようで、パーツに亀裂が入るような事はありませんでした。
なお、スミ入れ塗料のブラウンも併用しております。

20121110_1102.jpg

砂漠迷彩のMk.Vの方は、きつめに汚してやろうと思います。
ハゲチョロをシルバーで・・・沼津の巨匠、作左さまの解説や、ドカ山師匠の作品を猿まねして、面相筆と爪楊枝でこするようにやってみました。

20121110_1104.jpg

えー、・・・自分のセンスの無さに嫌気がさすだけの結果になりましたが・・・。
後には引けないので、このまま煙に巻いて完成させましょう(汗)

JMC、休みが取れれば両日お邪魔できるのですが、最悪でも土曜の懇親会と日曜の午前は行けそうです。

せっかくお邪魔できることですし、しっかり完成させねば!

本日も、お付き合いありがとうございました。


スポンサーサイト
2012-11-10(Sat)
 

もうひと押し

20121116_1105.jpg
自己満足

皆様、こんばんは。
今週末はいよいよJMCと言うことで、スピットさん達も完成できるように作業を進めておりました。

・・・が、残念なことに休暇が取れず、土日とも仕事と相成りました (  ´・ω・)
土曜は懇親会だけ参加させて頂き、日曜は午前中だけ会場にお邪魔できそうです(午後から仕事)滞在も2時間程度なので、並べてすぐ撤収する手間を考えると、二水か黒スピットの一機だけ持参しようかな・・・。
休みが取れるのではと期待してたのですが、懇親会と会場に足を運べるだけ上出来です。

で、スピットさん達ですが、エナメルやらパステルやらアクリルやら総動員してごまかし汚しておりました。

20121116_1110.jpg

20121116_1111.jpg

まぁ、出来は推して知るべしであります。
もうちょっとだけ手を入れたい箇所が残っていますので、それから屋外で撮影してお披露目したいと思います。

短い時間になりそうですが会場でお会いできるのを楽しみにしております。

本日もお付き合いありがとうございました!


2012-11-16(Fri)
 

1/72 Spitfire Mk.Vb [EP706] (Italeri)

20121129_0001.jpg
1/72 Spitfire Mk.Vb [EP706] No.249Sq. Takali(Malta) 1942

20121129_0002.jpg

やっとこ休日に晴れ間が出たので、遅ればせながらスピット撮影です。
まずはMk.Vbから。キットはイタレリです。
タミヤの影に隠れる?のかあまり目立たないキットですが決して悪くはありません。
所々、パネルラインが省略されていたりしますがサクッと組むには丁度良い感じです。

20121129_0011.jpg

今回のテーマは、自分のイメージに合うRAF砂漠迷彩の再現。でした。
(テーマだけは立派)
クレオスの特色が再販される直前で手に入らないのを言い訳に、適当に調色。
下面のアズールブルー(エイザーブルー)は特色はもっと濃い色なのですが、箱絵や現役当時のカラー写真を見るともっと淡い水色に見える物もあって、個人的にはコチラが好み。ガンダムカラーをベースに好きな色に混ぜました。

20121129_0007.jpg

もう一つは汚し。英本土から離れている上に、気候も厳しい地域で運用された機体。
塗装の剥がれや、日差しでの退色、埃で煤けた感じなどなど、やらない方が良かったと思いつつもオリンピック精神でやってしまうのでした。

20121129_0005.jpg

夏はとっくに過ぎたので、初冬の日差しでの撮影ですが、佇まいは悪くないかと・・・。

20121129_0003.jpg

右舷

20121129_0004.jpg

左舷

20121129_0013.jpg

下面
汚し過ぎはお約束w

20121129_0006.jpg

せっかくだから飛んでもらいます。

20121129_0012.jpg

同時完成のSeafireと・・・。

20121130_0001.jpg

JMC後の追加工作は、駐機時に機銃の「蓋」をする赤いシールの再現。
JMCの時は時間が無くて、赤く塗ったマスキングテープでお茶を濁しましたが、だんだん浮いてくるし厚ぼったいので赤のジャンクデカール(ハセガワのパンサーと隼の日の丸)を切り出して貼りました。
(Seafireも同じ)

20121130_0003.jpg

胴体から水平尾翼に伸びるIFFのアンテナも再現。張線でおなじみ?のフジックスのモノカラ―です。

20121129_0009.jpg

実機の写真では判らない場合が多いのですが、バッチリ写っている写真もありまして、まぁ自己満足ですね。

お恥ずかしい中身ではありますが、キットを下さった先輩と、皆様に感謝であります。


製作の時系列はコチラからどうぞ。


それではお付き合いありがとうございました。
Seafireに続く(笑)




2012-11-29(Thu)
 

1/72 Seafire Mk.XVII [SX282] (Sword)

20121130_0014.jpg
Seafire Mk.XVII No.1833 NAS, RNVS Bramcote July 1949

20121130_0013.jpg

Mk.Vbに続いて、同時作成しましたSeafireのご紹介です。
スピット祭り2012協賛、JMCでもBMのブースにちょこっと並べさせて頂きました。

20121130_0022.jpg

キットはSwordの比較的新しいキット。最近、東欧メーカからスピットの72ニューキットが続々リリースされておりますが、これもその一つです。
東欧系の簡易インジェクションは初挑戦でした。(マケットとかネタ?で作った事もありますけど)
とても繊細なパネルラインが彫刻された綺麗なパーツで、所々ぬるかったり、バリが有ったりはしますが、おおむね組み立ては順調でした。
ただし、胴体と主翼を合わせる際に、フィレットの付け根に凶悪な段差が発生。ここはモーターツールも動員してガリガリ削り力技で接着となりました。

20121130_0020.jpg

今回のテーマ?として、機首周り、エンジンカウルのファスナーを強調しました。実機の写真でこのファスナーが点々と目立つ物が多かったので、オーバースケール気味でしたが4番のナナコタガネでファスナーを強調、くどくスミ入れしました。
ペラは回るように加工しましたが、失敗しておりますorz

20121130_0025.jpg

排気管はキットにレジンパーツが付属、開口されていて中々映えますね。
JMCの展示後に追加工作として、風防が防弾ガラスでうっすら青く見えるのを再現しようと、裏からクリアーブルーを吹きましたがほとんど分かりません(笑)
機銃の赤いシールもデカールでやり直し。あとプロペラのデカールも忘れていたので貼りました(テヘペロ)

20121130_0023.jpg

キャノピーは涙滴方でもMk.XVIなどと違い更に近代的なスタイルです。グリフォンエンジンも相まって大戦機らしくないのですが、主翼はスピットそのもの。

20121130_0024.jpg

技術革新が進んだ過渡期らしく、何だかミスマッチなスタイルが魅力的です。
ペンギン塗装だとジェット機のイメージもありますしね。
塗装はクレオスのエクストラダークシーグレイとダックエッググリーンですが、思い込みと思いつきで適当に調色しております。

20121130_0019.jpg

お尻から一枚。

20121130_0015.jpg

ちょっと飛ばして見ます。

20121130_0016.jpg

右舷

20121130_0017.jpg

左舷

20121130_0021.jpg

上から

20121130_0018.jpg

下から。汚し過ぎはお約束です(笑)

20121130_0026.jpg

同時製作のMk.Vと記念撮影。

20121130_0027.jpg

ついでに、我が家のスピットさん達を引っ張り出してみました。
まだまだ作りたいサブタイプが沢山あります。

簡イに懲りずにお手付き中のAZはちゃんと完成するかしら?

でも、次は同時進行でジェット機に浮気する予定・・・。

ゆるゆる楽しもうと思います。
本日もお付き合いありがとうございました!




製作の時系列はコチラからどうぞ。





2012-11-30(Fri)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。