スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

花言葉は移り気

201406090008.jpg
季節は巡る

皆様、こんばんは。真夏のような暑さでどうなるかと思いきや、気温も下がり雨が続いてマトモに梅雨入りしましたね。
近所の公園のアジサイが目を楽しませてくれます。なお、花言葉は「移り気」ですって(汗)

201406090006.jpg

静岡で色々と誘惑され、ヴードゥーの完成報告も済みました。
・・・が、「移り気」にならないよう、まずはセイバーを、キャノピーを接着。私のすり合わせがいい加減なせいだと思いますがパテのお世話になります。

201406090001.jpg

で、「移り気」に気を付けるも、静岡で色々と誘惑されまして、一番手を出したいのは複葉機。toyさんと雪風さんのフェリックストゥ揃い踏みとか、yoshiyukiさんのすごすぎる作品を見てしまったからに相違ありません。
でも、いきなりWWIの機体はちょっと守備範囲から外れすぎるので、エレールのSBC-4、初代ヘルダイバーをチョイス。
巷ではエレール最高ザンスと、期待も高まる評価の佳作キットです。

201406090002.jpg

エンジンから・・・キットのパーツも頑張ってるのですが、いかんせん良く見えてしまう構造なので・・・。

201406090004.jpg

ちょっとごちょごちょやってます。もう少し手をかけないといけません。

201406090003.jpg

機体の方にもエレール標準の綺麗な凸モールドが入っていますが、何となく彫りなおし始めました。酔っぱらいは恐ろしい。
凸モールドに沿って彫りなおしています。元のモールドのままに、ちょっとよれたりしますがエレールテイストを残すザンスと意味不明な言い訳で乗り切る事にしましょう。
エレールのプラは昔から柔らかいみたいですが、最近再販されたこのキットも、近年のエアの赤箱みたいな柔らかめで加工の楽な感触です。個人的には好きなので歓迎。
やめときゃ良いのに、手を入れてしまったので、牛歩の悪寒です。

201406090007.jpg

で、「移り気」に気を付けているも、来年の静岡に向けてのお題は「ビンゴの景品を作る」とのこと。
となれば諸般の事情で、プレゼントしたい人たちが居まして、宝の山から喜び勇んでチョイスしたT-4を作るしかありません。

201406090005.jpg

まずはグレーをドババッツと・・・。
こっちはシンプルに、綺麗に組みたいと思いますが、はて。。。上手く行くでしょうか。

本日もお付き合いに感謝です。

スポンサーサイト
2014-06-09(Mon)
 

梅雨の合間に

201406250008.jpg
結構速い

皆さま、こんばんは。夏ような梅雨のような行ったり来たりの天候ですね。如何お過ごしでしょうか。
私は社宅住まいなのですが、ご想像通り?腐れ縁みたいな同期生も同じ屋根の下におりまして「暇そうだな!カメラ持って出かけようぜ!」とのお誘い。腐れ縁の同期は最近電車の写真に凝ってるとか。自分も昔は結構撮ってたなぁ・・・。ともあれ、カビが心配な望遠レンズを持って共に出かけてきました。梅雨の合間で天候も悪くない。
・・・で、結果はグダグダ。この後「黄色い奴」が通過しましたがもっとグダグダ。
ここぞと言う時に弱いのは実生活でも趣味でも同じか。トホホ・・・。

ともあれ、新しい望遠レンズと三脚が欲しくなったのは否めません。

201406250007.jpg

で、現在の第一趣味たるプラモもボチボチ、しぶとく進めています。
セイバーはキャノピーと水平尾翼を取り付け、メデタク士の字に。黒サフをぶわっと吹きました。
ついでにピトー管を真鍮パイプで置き換えております。

201406250002.jpg

ヘルダイバーは、胴体のスジ彫りが完了。コクピットを組みます。鉛板でシートベルトを追加したほかはキットのままでございます。機体内部色は銀のも有ればグリーンのも有るらしく、綿密に調査すべきところですが、好みでクレオス特色の米軍機体内部色をドバっと。

201406250006.jpg

エンジンもちょっとプラ片を足して、それなりに進んでいます。パーツの合いは古いながらもすこぶる良好。エレールの面目躍如ですね。弄ってて楽しいです。

201406250001.jpg

ブルインのT-4はコクピットにシートベルトをそれらしく追加。赤いシートが派手ですねぇ。

201406250003.jpg

こちらもメデタク胴体を合体。私としてはかなり新しい部類のキットなので、当然のごとくピッタリです。

201406250004.jpg

・・・胴体下面のエンジン周りはこのキットの鬼門らしいのです。左右胴体の間に下面を挟み込むのですが、綺麗なスジ彫りが盛大に入ったエンジンの点検パネル周りに合わせ目が来ます。もちろんパネルラインじゃない所。
ついでにパーツもちょっとお疲れ気味で変形してたりしてw
パーツを曲げたり、プラ板を挟んだり、パテも盛りまして、やっぱりスジ彫りの再生は避けて通れないようです。ひとまず、タミヤのスミ入れ塗料で現状把握。

201406250005.jpg

インテークも左右分割なので、合わせ目処理が必要です。内部はタミヤの白サフを盛って成形。外回りはスジ彫りを深くしつつ、ペーパー掛けを繰り返しました。
元のスジ彫りが非常に浅くて繊細なので、神経を使う、あまり愉快な作業ではありません。

ここまでの率直な、そして個人的な感想ですが・・・。
古今東西、老いも若きも色々なキットが有る中で、ダメなキットとは思いません。
ですが、ブルーインパルスと言う日本で一番有名な現用機のキットとしてはもう少し頑張ってほしい所です。初めてスケール物のキットを手にする子供にはちょっと手ごわい気がします。
白い成形色はそのままデカールを貼っても良いように・・・と言う配慮でしょうが、結局下面は塗らなきゃ駄目だし・・・。
出来ればタミヤに出して欲しかったって言わせないで欲しいですねぇ・・・。

2014-06-25(Wed)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。