スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

トンネルを抜けるとそこは・・・

DPP_0024.jpg
あの夏の花火

・・・と、言うわけであっという間に9月!ひぃぃ~。
1ヵ月もブログ放置でありました。プラモも絶賛放置中。8月は忙しかったと言い訳してみます。
今回は、今年の夏の振り返り・・・まだ暑い日が続いているのですけどね。
トップ画像は、ありがたいことに自宅のベランダから拝める花火であります。(もちろん望遠レンズ使っておりますが)

DPP_0041.jpg

中旬、長野方面に所用で出向きました。

DPP_0034.jpg

この辺りは標高1000mの静かな村です。

DSC_0672.jpg

戦利品もしっかりと。
野菜もしこたま買い込んだのですが、画像を失念。

DSC_0682.jpg

長野から打って変わって、東京の某所にて趣のある銭湯に突撃したり・・・。
(某レオナルドのすぐ近所なので、皆様ご存知かもしれませんが)
脱衣場の壁に据え付けられた扇風機が、これまた年代物で嬉しくなってしまいました。

DSC_0684.jpg

ベランダのヘチマが立派に育ったので収穫したら、育ちすぎて食べれなかったりorz

DSC_0694.jpg

今月に入ってすぐに、静岡県某所の会社の施設に研修で幽閉(?)されたり・・・。

なにはともあれ、異常気象(大雨)で散々な夏でありました。何度家に帰れなくなったことか・・・。
いえいえ商売ですから仕方ありませんね。
言い訳を並べつつ、作りかけのプラモから恨めしい視線を感じるのでありました(汗)



2011-09-11(Sun)
 

目がテン

1026_0371.jpg
ちっさい・・・

皆様こんばんは。今日も昨日の流れでチマチマデカールです。
本当は部屋を片付けようと思っていたんですが・・・。

IMG_0249.jpg

昨日に引き続き、デカールの画像です。このキット、贅沢にコーションレターがタップリ付いておりまして、貼らないと損したような気分になる貧乏性なワタクシなのです。
ソ連のマーキングには水色、ハンガリーのマーキングには赤色で付属するあたり、芸が細かいです。でも、それよりも緑の●をちゃんと付けてくれよ!と言いたいところなのですが、そこはご愛嬌でしょうか。
ちなみに、復元された(?)機体の写真を目を凝らして見ると、上面は所どころ水色で書いてあるみたいですが、インスト通りすべて赤で貼りました。
作業の方は、ド近眼でもやや辛いものがあり・・・枚数も結構あるし・・・。曲がったりシルバリングしたり・・・。トドメはトップ画像の小さなやつ。何だか放射能マークに似ていますが、何の印なのでしょうか?水平尾翼の下面に貼るというか、置くという感じで何とか全て貼り終えました。
キリル文字のコーションレターなんて、カッコいいじゃん!と思っていたのですが、貼ってみたらほとんど解りませんね。当たり前か・・・(汗)

1026_0372.jpg

何だか、お灸のツボみたいです。


1026_0373.jpg
EMF audio SEQUEL-2

ここからはプラモと関係ない話になりますが、先日故障したアンプに代わり新しいのを買ってしまいました。あまり市場に出回ってないみたいなのですが、イギリスのCreekと言うメーカーの古いモデルを復刻したものだそうです。特価になっていたのでポチッとやったわけですね・・・。このCreekと言うメーカのアンプ、手持ちのスピーカー(Victor SX-500DE)と好相性と聞いて、昔から気になっていたのです。が、現行品はワタクシにはちょっと手が出なかったのです。
お小遣いを考えると特価でも悩みましたが、結果的には良い買い物でした。あれこれCD引っ張り出しては聴いております。
大変、大らかな鳴らし方と申しますか・・・オーディオ機器としてはともかく、のんびり気持ちよく音楽を聴くには向いてると思われます。どこまでも蛇の目贔屓(汗)

ちなみに前任のCECのアンプも、壊れたまま捨てるのは忍びないので修理に出しました。再就職先・・・あるでしょうか?

2011-10-26(Wed)
 

はなはだ慌ただしく・・・

111231_194627.jpg
菊水作戦?

今年もあと僅かであります。
一年間の振り返りの時期なのですが、ブログの更新もサボり気味に大晦日を迎えております。基本的に正月休みの無い商売ですが、忘年会、年賀状、実家への挨拶・・・などのイベントはあるので、毎年どうしても時間がなくなります。
まぁ、酔っぱらってばかりいるからイカンのですが(汗)

名古屋から東京に戻ってきたのが昨年の11月末でしたから、新生活が始まってから1年ちょっとが経つのですが、本当にあっという間でした。振り返ると、言葉を失うような震災の被害が暗い影を落とす一年だったと思います。原発事故に関しては政府の発表は嘘ばかりだし、どこを見ても責任逃れのオンパレード。「こりゃ戦前と大して変わらんのと違うか?!」とさえ思いました。
気分が沈みがちでプラモも3月からかなり停滞しましたが、呑気にプラモを作れることに感謝しながら、趣味ってありがたいなぁと痛感しました。

今年の完成品は・・・ Anson ・ Sea Hurricane ・ He112 ・ I-185 ・ Mig15 の5機ですから、昨年から1機減であります。停滞してた割には、まぁまぁでしょうか?って言うか去年も大して作ってなかった事が発覚。

目標に掲げた、お手付き撲滅に関しては、マタドールが放置状態で新年を迎えることになりました(汗)
飛行機以外を一作についても挫折ですね(笑)複葉機は一応着工したから、半分達成かな?
蛇の目以外も少し作ったし、良しとしましょう。(自分に優しい)

このような拙いブログにも関わらず、記事を読んで下さった皆様。また、コメントやアドバイスを寄せて下さった皆様。BMをはじめプラモを通じて交流して下さった皆様。そして趣味に寛容?な家族に感謝をしながら、今年最後の更新にいたします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2011-12-31(Sat)
 

謹賀新年

nenga2012.jpg
All 「ETO」

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

正直、「めでたい」と言う言葉を使うのがためらわれる世相でありますが、新しい年が迎えられるということは、それだけでも価値ある事と信じております。
今年が皆様にとって、より良い一年であることを願いながら、新年のご挨拶とさせて頂きます。

Usi Worksは今年も「牛歩」で「好き勝手」に「マイナー路線」を突っ走る(文章矛盾してる)予定であります。暖かい目で見守って下さる皆様と、プラモがいじれる幸せに感謝しつつグダグダと綴っていければ幸いです。

2012年元旦 so-suke






2012-01-01(Sun)
 

生存報告


うっすら富士

明けてめでたい・・・とか何とか言ってるうちに2月!
ブログもプラモも絶賛放置中で、とうとう広告が入ってしまいました(汗)
一応、生きております。

昨年末から、仕事でちょっと変化がありまして、困ったことに?「弟子」がやってきました。
5月辺りまで、マンツーマンで一緒に仕事をする予定です。
後輩の指導なんて何処の職場でも当たり前の事なのですが、私の稼業では指導役を「師匠」とか「教導」とか古めかしい呼び方をしておりまして・・・複座の練習機に乗って、後ろから叱咤激励?を飛ばす鬼教官役をイメージして頂ければと思います。

私みたいな若輩者の仕事では無いと思うのですが、人材不足の昨今、いずれにせよ一人の若者の人生を左右する立場であります。責任重大故、こちらも必死です。

ようやく、余裕が出てきたので少し模型も触りたいところなのですが・・・。
家族サービスが先か(汗)

ところで、UAMCの話題を皆様のブログでも拝見しておりますが、近所での開催でありますし、眼福に預かりに伺おうと思います。お会いする機会がありましたらよろしくお願いいたします。




2012-02-01(Wed)
 

ナナコさん

IMG_0498.jpg
工具好きのサガ

皆様、こんばんは。一昨日の首都圏は見事な雪景色でありました。
2-3cmの積雪で騒ぐなんて、雪国にお住まいの方から見れば滑稽かと思いますが、いかんせん慣れないシロモノ。
雪にはしゃぐ子供をよそに、ため息交じりに出勤・・・。自宅は丘のてっぺんなので、坂道に気を付けて・・・転ぶときはお尻から着地だぞ・・・おぉバスも時間通りに来た。ヤレヤレ(´▽`*)
と、安心したのも束の間、到着したる駅の改札口には不穏な人だかりが・・・「この程度の雪で止まらんだろ~?」と思ったら人身事故でしたorz
並行する私鉄を利用して出勤しましたが、当然ながら見事なすし詰め。雪景色に浸る余裕もございませんでした。トホホ。

IMG_135543.jpg

ともあれ、仕事の方は雪の影響も少なく無事に迎えた夜勤明け。はたと御徒町に寄り道してみました。この界隈は宝石や貴金属を扱うお店が多いのですが、家内へのプレゼントを買い求めに・・・ではなくて、以前から気になっていたこちらのお店を訪ねてみました。御徒町駅からアメ横とは反対方向へ歩くこと5分ほどであります。

IMG_0499.jpg

お目当ては、リベット打ちに使えると評判?のナナコタガネと言う工具です。(玉ぐりとも言うみたいですね)本来はジュエリーや彫金に使うようですが、先端のくぼみを押し付けることで「〇」が刻印できます。直径0.25mmの#0から1.35mmの#22まで0.05mm刻みです。セットで買うとそれなりのお値段なので、高価なものだと思っていたのですが、こちらではバラ売りしておりまして一本126円であります。しかも10本以上買うと、一本105円にお値引ですよ!奥さん!木製の柄は367円でした。ピンバイスでも行けそうですけどせっかくだからとお買い上げ。

ついでにと、以前折ってしまったドリルのキリを補充しました。0.05単位のキリは売ってる所を見かけた事が無かったので助かりました(もちろんバラ売り可です)店内、他にも模型に使えそうな工具が沢山並んでいましたよ♪
専門店にありがちな、敷居の高いお店かと思いきや、店員の方も大変親切丁寧でした。なお、通販もやっているそうです。

IMG_0501.jpg

我慢ができない性格なので、試しにスピットの翼の裏側(こら!)に、#0を打ってみました。酷い画像で申し訳ないのですが・・・。
72にはさすがにオーバースケールな気もしますが、全面リベット打ちを敢行する根性は持ち合わせてないので、ピンポイントで使ってみたいと思います。いつか・・・。
うーん、宝の持ち腐れの悪寒(笑)


2012-03-02(Fri)
 

早速

20120304_50576090.jpg
春望

皆様、こんばんは。今日は風は冷たくも日差しが穏やかだった関東地方。
バス停から自宅まで、小さな神社の境内を通過するのですが、おみくじだらけの梅の木もつぼみが膨らみ始めておりました。
あの震災の日、3月11日がまた巡ってくる訳ですが、世間が一変しても変わらず春を告げる草花には勇気づけられる物があります。

で、ちょこっとSpit。
先日、ナナコタガネを手に入れましたが、岡戸先輩より72のSpitならファスナーに使えるよとのありがたいお言葉。
思い立ったが吉日であります。(酒に酔ったらとも言う)

20120304_0502.jpg

全般に筋彫りがクッキリ深め、ちょっとクド目のエアの新金型ですが、エンジンカウルのファスナーも深めの「穴」みたいでちょっと気になっていたのです。
で・・・パテを持ち出してきて穴埋め → ナナコでリベット打ち。と相成りました。

20120304_0504.jpg

もう一機は瞬着と硬化スプレーで穴埋め。

20120304_0506.jpg

サフを乗せてどんなもんか見てみました。・・・写真で見ると改めて粗い仕上がりだ事・・・。
もう少し何とかしましょう。ナナコを打つ力加減と、瞬着で埋めた方は気泡が入ってしまったこともあり、深さがマチマチになってしまったのも反省・・・。
ただ、上手に仕上げさえすれば目立つ部分ですし効果はありそうです。

それよりも、大問題なのはせっかく作ったMk.Iの照準器の照星がどっか行った事(´・ω・`)
いいんです、また作れば。うん、そうだそうだ。


2012-03-04(Sun)
 

お祭りサンバ

201205290502.jpg
沼津縁側爆弾・炸裂の瞬間(イメージ)



それは突然やって来た・・・

(ヤマト風に読んでくれると幸いw)
西暦2012年5月
突如so-suke家は『SAKUZA』と名乗る謎の人物より模型爆弾の無差別攻撃を受けたのだった。
爆弾には大量の危険物質=プラモデルが含まれていたため、密柑山は崩壊し、家人は不機嫌となった。
むろん、大量の模型で埋め尽くされた大地(※模型部屋)は足の踏み場も無い死の世界となった。

その頃日本各地で多数のモデラーが沼津からの模型爆弾による無差別爆撃の被害を受けている事が判明、有志により『沼津縁側爆弾被害者wの会』を設立、この未曾有の難局を団結して対抗する事とした。



えー、完全にドカ山師匠の秀逸なオープニングをコピペしております。
だって、うちも同じ状況だったんだもん。テヘ。
その日は夜勤明け、すでに各地の被害状況は入電していたのであります。

「パリ、正午より沈黙!」「モスクワ、さよならを打ち続けています!」・・・みたいな。

「女房・コドモは無事かっ!」帰宅を急ぎました。玄関で何事もなかったかのようにカミさんに迎えられ、安堵したのも束の間、
自室に入ると行く手を阻むかのように、「あの箱」が鎮座していたのであります。
あぁ、思い出すだけでも・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

さて(笑)せっかくなので皆でジャンジャン作ろうと言うことで、岡戸先輩、躍人さんのご協力もあり、バナーが完成しました。ご自由にお使いください。



numazu-victims240_144.gif

numazu-victims180_108.gif

numazu_victims150_90.gif



20120529_0751.jpg
で、キットはエレールのスピットに決定。静岡でデカールも買ってあるし、サクッと作るぞ・・・。筋彫りは・・・どうしよう(汗)

20120529_0752.jpg
零戦祭りの二式水戦と合わせて早速着工です。



お手付き報告をもう一つ、Pavlaのスピット偵察型改造パーツを静岡で入手。この手のパーツは使ったことが無かったので一度やってみたかったのです。

20120529_0743.jpg
取り出したるはエアのスピットMk.I(旧金型)すらっとした美人さんであります。

20120529_0744.jpg
ありゃりゃ?全然合わないじゃん??パーツの合いはイマイチと聞いていたので、色々やってみるも何かおかしい。で、海外の作例を見ると新金型のスピットで組んである。
・・・って事はこのパーツ新金型用?�(・∀・)イヤン!!

気付いた時には、旧Mk.Iの胴体をかなーり削った後で手遅れ状態・・・仕方ないので新金型のキットをもう一つ買ってきましたよ(汗)
削っちゃった旧金型はとりあえず封印m(__)mハンセイ
余ってる新金型のキャノピーを移植できないかな・・・(超泥縄)

どちらにしても、偵察型用キャノピーの合いはイマイチなので、風防は開けることになりそうです。
こちらは腰を据えてじっくり行くことにしましょう。

20120529_0755.jpg

以上ですでに3機お手付き状態なのですが、さらにはミニミニ祭り(仮称)の噂が・・・。
どう言うわけかキットはあるんですけどね・・・えぇ・・・ただカーモデルは・・・(滝汗)
オリンピック精神もくじけそうですが、他のお手付きさんの進捗次第では参戦したいな・・・。




2012-05-29(Tue)
 

Slow but steady

R201207250615.jpg
ロシアより愛をこめて

皆様、こんばんは。色々と滞っております(汗)
仕事が忙しいとか、姫君がおままごとにハマってるとか、暑くなってきたらビールが美味しくてタマラナイとか、色々あるんですけど所詮は言い訳。
そんな停滞気味のワタクシですが、先日BM関東連合(?)の皆様から酒宴へのお誘いを頂きました。
普段はB級路線まっしぐらの、国産牛にはずいぶんとハイカラなお店で・・・。

R201207250618.jpg

牛の目もハートになる、新鮮野菜!!
輸入物のビールが豊富、もちろんワインも得意な、絶品イタリアンのお店でありました。
また、今回初めてお会いしたカトーさん、お勤め先が以前私が住んでいたところのすぐ近所と判明。思わぬジモトーク勃発となりました。世間は狭いですね・・・本当に・・・。(カトーさん、今後ともよろしくお願いします)
そんなこんなで、楽しいひと時に、すっかり酔っぱらって帰宅いたしました。
皆様、本当にありがとうございました。



せっかくモチベも上がっている事ですし、進めますよ。ループからの脱出を図るのです。

20120725_0783.jpg

二式水戦は、ガイアの灰緑色を吹きました。正直、緑が強くてイメージに合わないと思っていたのですが、吹いてみたら、なかなか綺麗な色です。これはこれでアリだと思いましたが、今回は白っぽい「我が心の二式水戦」を目指しますので、ここから白っぽく仕上げていく予定です。
キャノピーのマスキングには100均の蛍光テープを使用してみました・・・が、切り出す時に結構脱線したのでアチコチ傷つけてしまった悪寒・・・ヽ(`Д´)ノ
練習あるのみです・・・。



スピットはスジ彫りループに見切りを付けて、十の字になりました。部品の合いは良好ですが、さすがにパチピタとは行かないので、少しパテ修正します。

20120725_0784.jpg

並行して小物と、塗装の準備ですね。




20120725_0788.jpg

マツダR360もサフ吹きループに見切りを付けて、塗ってみようかと思います。
結局のところ、あまり進んでいないのですが、Slow but steady と言うことで。

それでは、本日もお付き合いありがとうございました!


2012-07-12(Thu)
 

夏の夜の夢

R201207240658.jpg
祭りが近い

皆様、こんばんは。今月は更新滞り気味にお届けしております。
何だか知らないけど、疲労困憊気味。これから夏本番だと言うのに大丈夫なのでしょうか?
景気づけに?と、言うわけではありませんが、旧友と東京中枢の神楽坂を徘徊してみました。まぁ、色々とハイカラな所であります。来週末がお祭りとかで、闇夜に浮かぶ提灯が酔っ払いの目には眩しく映るのでありました。

R201207240640.jpg

要するにお目当てはこっちだったのであります。垂涎のラインナップでありまして・・・。メニューを見るよりも冷蔵庫の前のカウンター席から瓶を眺めて選びたいのは、プラモ好きの嗜好にも通じるものを感じます。



20120724_0793.jpg

肝心のプラモ、スピットから。とりあえず機体のパネルラインはOKとして、次はキャノピーを合わせます。パーツの合いは悪くないのですが、風防と胴体の境は無視されてるので、プラ板でそれらしく作ってみます。

20120724_0794.jpg

あくまでもそれらしく・・・であります。

20120724_0795.jpg

ヘッドレストの後部も、キットのパーツをちょっと進化させてあげます。あくまでもそれらしく。

20120724_0796.jpg

機関砲もちょっとだけ金属化。もう少し粗を隠してやれば(これに時間がかかる)塗装に入れると思われます。無謀にも黒一色塗りを考えていますが、粗が酷ければ迷彩にしてごまかしちゃいましょう!



続きまして二式水戦です。前回はガイアの灰緑色をべた塗りしたところまで。日本機に知識もこだわりも無いので「我が心の二式水戦」を目指します。灰緑色の新品の機体が、退色して白っぽくなったら・・・と言う想定です。

20120724_0792.jpg

白にクレオスの35番、明灰白色を混ぜたものを、灰緑色の上に塗っていきました。最初はパネルラインを意識してグラデーションにしようかと思ったのですが、不自然になったしまったので全面的に重ね塗り。多少は下地も残していますが、イメージはかなり白っぽい色だったので、灰緑色の面影はなくなったかも(汗)
照明が酷いのですが、左半分は灰緑色、右半分は塗り重ねた状態です。

20120724_0798.jpg

で・・・突然ですが完成画像(汗)
デカール貼って、タミヤのスミ入れ塗料(ブラウン)でスミ入れ、ちょっと拭き残してヤレた雰囲気に。
その後つや消しのクリアーを吹いて、灰色のパステルで更にくたびれた感じに。
フェキサチーフでパステルを保護して、アクリルのフラットホワイトをうっすら吹いております。
機銃の煤や、排気汚れはエナメルを吹き付けました。

20120724_0801.jpg

うーん、照明が電球色なので色合いが・・・。後日お日様の下で撮影しようと思います。(いつも、これが延び延びになるんですが)

20120724_0799.jpg

ちょっと、粗い仕上がりになってしまいました・・・。何だか余裕が無くて、模型を触る時間が取れないので完成を急いだ感があります。
一作入魂!が望ましいのですが、手が止まって益々停滞するくらいなら、完成を第一に沢山作った方が建設的かなと言い訳してみます。私みたいな適当初心者モデラーなら尚更かと・・・。

あっ、ドリーがまだ出来てないのでピンセットに載せて撮りましたが、ちゃんと組んでおります。
次はドリーに載せてお日様の下で完成画像と行きたいと思います。
夏の日差しが、日焼けした二水を引き立ててくれることを祈りつつ・・・。


本日もお付き合いありがとうございました!

2012-07-24(Tue)
 

光の国から?

20130202_0002.jpg
シュワッチ!

皆様、こんばんは。いつにも増して粗製乱造で進めております。
このところ仕事が忙しかった反動のようです。いつも不思議と忙しい時の方が模型が捗っている気がしますが、この辺りが原因でしょうか?

20130202_0001.jpg

早速、今日のミーティアさんです。前回、メタルカラーのアルミを磨かずに、つや消しクリアーをかけて銀塗装が完了しましたが、どうもピカピカし過ぎな気がしてきました。
と、言うわけで同じアルミに白とフラットベースをグレーにならないように注意しながら混ぜたものを再度うっすら吹きました。この辺りの違いは写真では解りにくいですね。
ある程度、思うような雰囲気になったので、家族の留守と言う好機にデカールを一気に貼りました。マーキングは箱絵と同じ派手な奴です。デカール貼りに集中のあまりM78星雲にお住いのあの方の声が聞こえてきましたが、多分気のせいです。
シーハリケーンの時と同様にデカールは最高でした。大判のデカールもストレスなく貼れましたし、余白は大きいのですが貼ってしまうと目立ちません。
デカールが乾燥したらクリアーですが、艶をどうするか悩みますね・・・。銀の部分はつや消しの方が雰囲気は出るのですが、マークの部分には少し艶が欲しい所です。

20130202_0003.jpg

続いてAZのスピットさんです。胴体との隙間をパテで修正して、士の字まで到達しました・・・が、水平尾翼を付けて角度を見ると何だかオカシイ・・・。垂直尾翼に対して90度にすると、正面から見た時に歪んで見えます。
胴体と主翼を無理に接合したのが原因かと思いましたが、そもそも胴体が歪んでました・・・orz
プラが柔らかいので、手でジワジワ曲げて修正しましたが、正面から見ると解ります。トホホ・・・。
ミーティアもそうでしたが、簡イの難しさを思い知る次第です。

20130202_0004.jpg

ホイットルさんも士の字です。左右の胴体はピッタリ合いますし、主翼の取り付けも調整は楽でした。スピットよりこっちの方がずっと楽ですね(笑)
所々、目立つヒケはポリパテで埋めてあります。
極力凸モールドは残す方針でしたが、面倒になってきたので合わせ目にはお構いなくペーパーをかけました。

20130202_0005.jpg

このキットは胴体の縮尺が間違っている(大きすぎる)そうで、なるほど真上から見たら確かにちょっとアンバランス。フロッグのミスと言うか、元にした図面がそもそも間違っていたとか・・・。そんな逸話も含めてそのまんま作ってしまいましょう。
斜めから見れば気にならない・・・はず(笑)

20130202_0006.jpg

ついでに、以前生乾きでマスキングして塗膜を荒らしてしまったマツダR360さん。細々とペーパーをかけて、再度クリアーコート→コンパウンドかけまで終了しました。
もうあちこち酷いですけど、完成させてあげなければ。

ミーティアは次回で完成させたいところですね。
それでは本日もお付き合いありがとうございました!


2013-02-02(Sat)
 

デッチアップ

201304290001.jpg
当社比2.5倍

皆様、こんばんは。連休如何お過ごしでしょうか?

すっかり、暖かくなってきた関東地方であります。花粉も落ち着きましたし、暑くなるまでの一年で一番気候の良い時期でしょうか。

ジャベリン、チマチマ進めています。

201304290004.jpg

コクピットの塗装を済ませました。当社比2.5倍のなんちゃってディティールアップです。どなたが命名されたのか存じませんが、「デッチアップ」とは言い得て妙ですね。

201304290002.jpg

実機の写真も参照しましたが、後部席のレーダー周りなど、50年代テイストのアナログな感じが素敵です。

201304290003.jpg

計器盤は玉ぐり工具でメータを再現しましたが、72には丁度良い感じです。

201304290005.jpg

コクピットはこれくらいにして、先に進みます。キットは主翼と胴体が上下で分割されています。プラ板を裏打ちして接着シロを稼ぎました。

201304290006.jpg

古いキットに大ぶりな部品なので、合いが心配でしたが、さほど悪くはありません。若干下側の幅が不足していたのでつっかえ棒で調整しました。重りもしっかり搭載。

201304290007.jpg

メデタク、上下合体。主翼端も接着して士の字ならぬ▲の出来上がり。一度サフをぶわっと吹いてこれからパテ修正にかかります。ここからが長くなるやも知れません。

アウトラインに関して、どうも初期型のキットに部品を追加した関係で、機体の後部、ノズルにかけて実際よりも尻すぼみになっているようです。ノズルももっと径が大きいはずなのですが、72ジャベリンのリニューアルに期待してスルーする事にします(笑)

コクピット以外は手を入れない。コクピット以外は手を入れない・・・ブツブツ・・・。

201304290008.jpg
イタレリ F-100F スーパーセイバー

サフの乾燥待ちに、勢い余っても一つ行ったれぇ!
・・・と、言う事で開封しちゃいました。
これも、ジャベリンと一緒におねだりして頂いたキットだったりします。
センチュリーシリーズ、一度作ってみたかったのです。
F-100Dならタミヤから手に入りますが、これはちょっと珍しい複座型。
古いキットを作るときは、楽そうなやつを同時進行すると決めているのです。

さすがに静岡に間に合わせるつもりはありませんが・・・。

201304290009.jpg

シートに、エポパテでクッションと鉛のシートベルトを追加しました。
ゆっくり大切に作らせて頂きます。

本日もお付き合いありがとうございました!

2013-04-29(Mon)
 

ノックアウト

201305170009.jpg
未練たっぷり・・・

皆様、こんばんは。明日から静岡ホビーショーと言うことで、早い方は今夜から前乗りですね。私も日曜の午後に滑り込む予定・・・だったのですが、体調を崩してしまい今年は欠席になってしまいました。



あれは一週間前の事・・・何だか目が充血するので「念のため」眼科に行ったのです。先生が怪訝な顔で「ウイルス性かも知れないですねー」と言われ検査されること数分。「本当は15分位かかるんですけど、もう陽性反応がでましたのでー」と言われ、なにやら難しげな病名の書かれた説明書を渡される・・・。
結論から言うと・・・

① ウイルス性の結膜炎だけど、お薬は無いよ~。安静にして免疫でやっつけてね~。
② 人にすごくうつりやすいよ~。気を付けてね~。
③ 学校は出席停止だよ。社会人も一、二週間は休業してね~。

と、言う事でした。えっ?会社休むんですか?結膜炎で??

大体、私の仕事はあまり休めない。と、言うか休まない。
シフト制だから、休むと代わりの人を当てなければいけないのです。
(その代り休んでる間も仕事が溜るとかはないけど)

迷惑がかかるから、風邪位では休まないんですが、医者からの宣告じゃ仕方ないと職場に電話。「体の方は元気なんでしょぉ?」と、上司から嫌味とも冗談ともつかない事を言われながら一週間休みを貰う。

と、思ったら上司の冗談をあざ笑うかのように、その夜から39度越えの発熱が続き、ビックリしました。
鼻水ものども痛くないから風邪じゃない。解熱剤を飲むと少し下がるけど、また上がる。

もう、ひたすら寝てました。寝ててもうなされて仕事の夢見ましたが。うん、仕事熱心(笑)

さすがに参りましたが、3日間続いた高熱がピタッと下がったら、翌日から目の赤みが引いてきました。
身体がウイルスをやっつけるために体温を上げてたみたいです。
人間の身体ってすごいなぁ・・・。

医者からもお許しが出たので、土曜の出勤から社会復帰です。が、日曜に休んでた間の仕事(年に一度の試験)が回ってきたので、やはり静岡は無理・・・。

皆さんにお会いできないのが心残りです。



ジャベリンの方も、トップの写真の黒サフを吹いたところまで、先週できていたので何とか静岡に持ち込めるかと思っていたのですが、あえなく断念です。
まぁ、頂いたキットですし、じっくり作りたかったので不幸中の幸いですね。

201305170004.jpg

今回も凸モールドは彫りなおさずに作っております。ので・・・パテは最小限に・・・。

201305170002.jpg

最小限に・・・。

201305170001.jpg

右主翼の前縁は、なぜか下側の寸法が足らずガタガタです。パテ盛り!

201305170003.jpg

上は目立つのであまり手を入れたくありませんが、機関砲はちょっと気になる出来なので、この後、成形ついでに切り飛ばしました。

201305170005.jpg

主翼にはミサイルのパイロンが付きます。この付け根が主翼の前縁に掛かる部分は空力を考えてこのようなコーンになっているのですが、見事に段差ができます。

201305170006.jpg

ここもエポパテのお世話になります。コーンの曲線と、主翼の曲線を上手くつながるように削るのは難しいですね。

201305170007.jpg

どうにかそれらしく成形が完了。機関砲はアルミパイプに置き換え。ピトー管や給油プロープの先端も真鍮に置き換えました。

201305170008.jpg

で、黒サフを吹いて塗装準備完了!
・・・と言うのが先週のお話、この後は見事に寝込んでいたわけです。
静岡に行けなかったのは残念ですが、じっくり塗ってやろうと思います。

静岡に行かれる皆様、楽しんできてください!

本日も、お付き合いありがとうございました!
2013-05-17(Fri)
 

反撃開始

201305220006.jpg
味濃いめ、油多め。

皆様、こんばんは。今日の関東地方は一気に夏がやって来たかのような暑さでした。
暑がりの私はすでに扇風機を回して製作しております。
こんなことで夏を乗り切れるのか?

さて、皆様のブログでは静岡のレポートが豊富にアップされていて、欠席組としては指をくわえて見てる訳ですが、お陰様でモチベを頂きつつ、ジャベリンの製作も再開です。

まずは下面から。エアのインストではハンブロールの56番が指定されております。Metallic Matt Aluminiumなる色なのですが、要するにつや消しのアルミ色だと・・・。
ここで疑問が発生しました。ネットで拾った復元機の下面はほとんどがグレーで塗装されています。現役当時の写真は明らかにグレーの物もあるのですが、キット指定の64sqの実機の写真(白黒)を見るとどちらともつかない感じ・・・(増槽の反射具合は銀に見えますが)

201305220001.jpg

で、あちこち検索したら海外のフォーラムにて「下面がライトエアクラフトグレーになるのは1966年以降だぜ。ベイベー」(意訳)なるコメントを発見。
と、言うわけでインストの通り下面は銀色に決定。
グレーっぽいつや消しの銀をイメージしまして、クレオスの332にガイアのEXシルバーとフラットベース、白を少々を投入した適当シルバーを作りパネルライン周りを吹き残しながら塗ってみました。
思ったより、ギラギラになってしまいました・・・。

201305220002.jpg

下面をせっせとマスキングしまして、上面の迷彩に掛かります。クレオスの331から。実機のカラー写真が古いせいか、何となく青っぽい印象がありましたので、色の原のシアンを数滴追加してみました。

201305220003.jpg

所々怪しい、インストの塗装図に従い練り消しでマスキング・・・。
蛇の目好きに、付いて回るこの作業、何回やっても憂鬱です(笑)

201305220004.jpg

ダークグリーンはクレオスの330にこちらもシアンを数滴追加したもの。グリーンも先のグレーもパネルライン周りを残しつつ、後から白を追加して明るくしたものを所々吹いて調子を付けてみましたが、効果のほどは・・・??
恐らく絵画的センスが必要な手法なのですが、そんなモノ微塵もないのであります・・・。

201305220005.jpg

ドキドキしながらマスクを剥がして、タッチアップを繰り返すことしばし・・・。
うーむ、如何なものか。お酒も程よく入ってる事ですし、明日お日様チェックしてみましょう。
(そこで青ざめることもしばしば)

良く考えたら、一日でこれだけ進むって好調だなぁ・・・。
欠席でも、静岡効果が出てると言うことで。
これも皆様のホビーショーレポートのお陰です。

まぁ、そもそも作業が粗っぽいから出来るんですが(笑)

何はともあれ、本日もお付き合いありがとうございました!




2013-05-22(Wed)
 

「大判」振る舞い

201310190001.jpg
貼ってみた

皆様、こんばんは。今日は富士山の初冠雪でした。
頻繁に富士山を眺めている身としては、季節を教えてくれる物の一つなので、ニュースより先に気づかないと悔しかったりします(笑)
あの美しい円錐形に、雪を纏った姿は自然が与えた奇跡に思えるのです。

秋から冬への移ろいに自然の美しさを感じつつも、季節外れに思える台風の猛威を知り、自然には敵わないと改めて思うのでした。

さて、基本塗装の終了したMINIと747、デカール貼りです。普段は貼らない大判デカール、難儀しましたが一応、貼れました。

201310190002.jpg

MINIの方は扱いやすいデカールで、比較的綺麗に貼れたように思います。
ボンネットのラインが左右対称になってるかちょっと不安・・・。
あとデカールの糊が周辺について汚くなってしまい、アクリルシンナーでそっと拭きましたが、ちょっと塗膜が汚くなってしまいました・・・。
皆様、どのように処理されているのでしょう??

201310190003.jpg

747の方は、予想通り?の苦戦でありました。デカールの品質に原因があるのか、経年劣化か、はたまた、その両方か?

2013101920002.jpg

印刷自体は綺麗(白は見事に透けますが)ですし、キットのドアの位置にもほぼピッタリ合います。問題は、台紙から剥がれにくい上に、薄くて割れやすい事。しかも大判なので非常に神経を使いました。

201310190005.jpg

所々、ちぎれたり裂けたりして汚くなってしまいました(汗)

201310190006.jpg

馴染みは、薄くて少し硬い感じであまり良いとは言えません。で、軟化剤を使うと効きすぎたのか、今度はシワシワに・・・orz
軟化剤と言ってもマークセッターを塗っただけなのですが。垂直尾翼の片側はちょっと残念になってしまいました。
お世辞にも上手に貼れたとは言えませんが、破綻しなかっただけ良しとしましょう(笑)
二つともしばらく乾燥の上、クリアーかけに移りたいと思います。

2013101920001.jpg

続いてお買い物報告です。会社の帰りに秋葉に寄ってきました。お目当てはクレオスの洋上迷彩特色セット。先日ゲットしたファントムを塗るのです。横浜の文教堂には無かったんですよ(涙)
えっ?次回作?いえいえ、作ろうと思った時に店頭から消えてたら悲しいじゃないですか。
以前から欲しかったバンチコンパスも入荷していたのでこちらもお買い上げ。

201310190007.jpg

えー、そして、塗料を買いに行ったらキットを買ってしまうという泥沼・・・。
(エアのド派手なユニオンジャックを纏ったホークも欲しかったけど我慢した)

とあるお方から、フネ作りませんかとの熱烈なお誘いがありまして・・・。
本当はフジミの高雄型が欲しかったけど、店頭に無かったのです。で、お財布にも優しいし、新しいキットのようなので、これにしました。
船のキットを買うのは、子供の時以来です。
デカールの乾燥待ちにチマチマ行ってみようかな?

それでは、本日もお付き合いに感謝であります。



2013-10-20(Sun)
 

秋から冬へ

201311180011.jpg
ほろ酔いの記憶

皆様、こんばんは。季節は短い秋を通り越して、冬の訪れを感じる今日この頃です。
空気が澄んでる(寒くなったからそう思うだけ?)のか、朝焼けから夕暮れまで空が美しく感じられます。仕事の合間に眺める四季の移ろいが、これは最高なんですが、仕事中にパチリはご法度なので目に焼き付けるしかありません。

201311180010.jpg

狛犬さんに免じてお許しください。

201311180007.jpg

横浜の丘の上・・・自宅周辺はベイブリッジやランドマークタワーもちょこっと見える辺りなのですが、快晴だと富士山も望めます。スマホで写真に撮ると小さく見えますが、実際はなかなかの存在感。
富士山が見えると有難く感じるのは日本人の証拠でしょうか(笑)

201311180006.jpg

で、MINIは停滞しつつもジワジワ進んでおります。前回はデカールを貼ったところまでお届けしましたが、その後数回に分けてガイアのEXクリアーを吹きました。
研ぎ出しなんて恐ろしくて出来ないのですが、ボンネットと屋根だけちょっとユズ肌気味が気になったので1000→1500のペーパーをかけてからタミヤの細目、フィニッシャーズのマイクロのコンパウンドで磨いております。

201311180008.jpg

で、窓周りとフェンダーのマスキングです。フェンダー周りに関してインストの塗装図がイマイチ?だったので実車の画像をあれこれ見つつマスキングしましたが、車素人の悲しさか参考画像のグレードがマチマチだったりします。お気楽製作故、笑ってお許し頂ければと思います(汗)

201311180009.jpg

窓周りはガイアの艶アリ黒。フェンダーは樹脂っぽさを出したくて、最近、飛行機モデルのタイヤにお気に入りのタミヤのラバーブラック(エナメル)を吹いてみました。思ったよりつや消しになってしまったので、アクリルのクリアーを半艶に調整して吹き付け。質感の違い、それっぽくなったかどうかは?ですが、苦手のマスキングはそこそこ上手く行った模様です(当社比)
次はメッキになっている部分の再現ですが、メタルックが無難でしょうか。



続いて、飛行機。747も完成したので次のキットを開封。

20130809_1684.jpg

8月に近所のブックオフで握ってきたハセガワのF-16。お値段500円也。駐車料金200円払うくらいならとレジに持っていったのは内緒。シンプルなマーキングにも華やかさがあるし、複座型のシルエットが素敵。
また、F-16は誕生の経緯を色々と見ているうちに興味の湧いた機体でもあります。
バリバリの現用機(と言っても初飛行は74年ですが)って作った事が無いので、これも私にとっては新ジャンルかも。例によって気楽に進めます。

201311180002.jpg

定石通り、コクピットから。素組がモットーですが、シートの裏側はプラ板で塞いでやる事にしましょう。

201311180003.jpg

がー、早速問題が。コクピットに使うデカールがありません(笑)
このキットはデカール替えの商品なので、通常版と追加のデカールの二枚が有るはずですが、通常版のデカールが見当たらない・・・。中古品故、どこかでエスケープしたのでしょう。
文句言っても仕方ないので、計器盤はネットで拾った写真を縮小の上印刷して貼り付け。サイドコンソールはジャベリンのデカールが余っていたので適当に貼り付けます。

201311180004.jpg

シートベルトは鉛の板(釣りの重り)から、それらしく。100均の0.2mmの針金でインジェクションシートの射出レバーをデッチあげ(笑)

201311180005.jpg

一作入魂・・・なら怒られそうなのですが、これで良しとします。

201311180001.jpg

コクピットを挟んで、胴体を上下貼りあわせ。インテークを組み上げてしまえば、主翼は一体成型ですぐに形になります。
レシプロを作り慣れてると、現用機は大きく感じることが多いのですが、これは本当にコンパクト。高い位置にある視界の広そうなコクピットに小ぶりな機体。昔風にいうと、軽戦と言う事なんでしょうか。
形にしていく過程で、設計のコンセプトに思いをはせるとまた興味が湧いてきます。

少々クドくなりましたが、今日はこの辺りで・・・。
本日も駄文にお付き合い恐縮です。





2013-11-19(Tue)
 

2013の終わりに

20131231_1220.jpg
夕日とフォトレタッチの奇跡(笑)

皆様、こんばんは。2013年もあと僅か。何とか年内竣工を目指していました、F-16も形になり、綺麗な空だったので30日の夕方にベランダで撮影してみました。

20131231_1187.jpg

スマホで撮った写真を少しパソコンでいじってますが、ホワイトバランスが狂っていたりすると、かえって雰囲気のある写真になったりします。

20131231_1193.jpg

悦に入っていたのですが、増槽と航法灯のつけ忘れが発覚w
大晦日にもう一度撮りなおして記事にします(汗)

20131231_1998.jpg

手短に、2013年の総括と行きましょう。
まぁ、まとめるほどキチンと模型を作ってるとは言い難いのですが、完成品は合計10点。昨年の7点を上回りましたが、いかんせんお気楽製作が多かったことは否めません。
しかしながら、フネ、車、エアライナーの新ジャンル(当社比)を完成させた事。本業?の72空モノもいつになくジェット濃度が高かった事など、自分なりに新しい物への挑戦は果たせたように思います。
逆にレシプロはスピット一機だけになっちゃいましたね。

来年の目標ですが、もうちょっとクオリティ上げたいとは毎年思いますが、これは長期計画(笑)
数か月手が止まってしまったりする期間が毎年あるので、もう少しコンスタントに模型に触れていたいなと思います。後は例年通り牛歩で楽しく製作し、その様子を皆様に笑って見て頂ければ幸甚であります。

くだらないブログにも関わらず、ご訪問下さる皆様、また拙い製作にコメントでアドバイスや励ましをお寄せ下さる皆様に、感謝申し上げ、F-16のちゃんとした完成報告は新年に残して(汗)今年の締めくくりとしたいと思います。

本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

皆様がよい新年を迎えられますよう!

2013-12-31(Tue)
 

いかん、2月だ。

201402040011.jpg
野毛名物 都橋商店街

皆様、こんばんは。いきなり濃い画像でお届けしております(笑)
気が付いたら2月、更新を1か月サボったせいで広告が出る始末です。公私ともに慌ただしく、皆様のブログ訪問も滞りがち・・・毎度ながらお詫び申し上げる次第です。

201402040012.jpg

1日に、オートモデラーの集いin横浜にお邪魔してきました。オートモデラーと言うにはあまりに拙いワタクシです。が、この会場は自宅の近所なのです。さらにはBMでいつもお世話になっているyaszoさんやリマ先輩が参戦。当日はtakiさんもお越しになると言うことで、図々しくMINIを並ばせて頂きました。
終了後はリマ先輩のアテンドにより、横浜桜木町、野毛のディープな界隈を堪能。これで、モチベーションを蓄えて、また楽しく製作できると言うものです。
お付き合いくださった皆さん、ありがとうございました。



201402040009.jpg

あまりまとまって時間は取れませんでしたが、じわじわと進めています。マスタングは士の字になり、サフ吹きが完了しました。パーツの合いは基本悪くないのですが、パチピタには一歩及ばず・・・。所々、こまごま隙間ができます。また、プラが柔らかいためか、胴体の貼りあわせ時や、別パーツとなっているラダーの取り付け時にパーツの歪みが気になりました。

201402040008.jpg

ホワールウインドも士の字です。合わせは良好。サフを吹いて細かい傷や隙間などの粗を詰めていきます。

201402040003.jpg

主脚のカバーは左右一体になっているので、駐機状態にするには分割が必要です。試しに分割せずに収納庫に合わせてみたらピッタリでした。結構複雑な曲線なのに、これには驚きました。
形状はバッチリと言う事になりますが、少々分厚い(右がパーツのまま)ので・・・

201402040005.jpg

端を削って薄く見せた上で、分割致しました。押し出しピンの跡も埋めておきます。

201402040004.jpg

尾輪のカバーも形状はバッチリなのですが、プラの塊みたいな分厚さです。どこの装甲じゃい!

201402040006.jpg

モーターツールを動員して、少しサッパリして頂きました。

201402040007.jpg

小物も並行して進めていますが、サフを吹いたらまだまた粗が出るので、塗装に入るまではもう少しかかりそうです。



続いてBM10周年アイテムです。
参加させて頂いている、模型クラブのBlog Modelersですが、今年が10周年と言うことで、今年の静岡ホビーショーに向けて「10」にちなむ作品を並べようという企画が持ち上がり、ワタクシも乗らせて頂こうと、先輩から譲って頂いたキットに着手です。

201402040002.jpg

どストレートですが「DC-10」です。まずは(?)ムーミン塗装が可愛い、ちっちゃな1/400で。

201402040013.jpg

DC-10自体は、好きな機体でJALから引退する間際に羽田で写したのがこちら。

201402040001.jpg

キットはシンプルそのものですぐに形になりそうです。

201402040010.jpg

小粒なキットですが、綺麗に仕上げてあげたいですね。細かな工作の息抜きも兼ねて、並行して進めていこうと思います。

本日もお付き合いに感謝です。


2014-02-04(Tue)
 

親子トリップ

201403120009.jpg
娘よこれが海だぞ

皆様、こんばんは。三月に入っても寒い日が続きますね。風邪もインフルエンザも流行っているようで、娘の幼稚園も今期二度目の学級閉鎖になりました。
と、言っても丈夫が取り柄の姫様なので、本人至って元気。暇を持て余していたので、休みの日に二人でドライブがてら駿河方面に出かけてきました。丹那の牧場で遊ばせて、帰りに以前JWさんがブログで紹介されていた沼津の千本浜を思い出し寄ってみました。

201403120008.jpg

夕暮れ前に到着しましたが、広々と、人も少なく、水平線が広がる景色に親子二人でちょっと感動。
来てよかった・・・。
よくよく考えると、水平線が広がる大きな海を見せたことが無く、近所の池やら多摩川を見て「海だー!!」と叫ぶので親父としては責任を感じていた次第でありました。

201403120001.jpg

模型は実に牛歩に作っています。マスタングはアンチグレアを塗装。良い感じのつや消しになりました。マスキングでデカールを持っていかれるのではと懸念していましたが、幸い上手く行きました。
チマチマとコーションデータのデカールも貼りつけ。

201403120003.jpg

軽く汚してから風防を取り付けようと思いますが、戦中の写真を見ても悔しいかなピカピカなんですよね(笑)でも、当然使用感は見て取れるので、どう表現するべきか悩みどころです。

201403120002.jpg

ホワールウインドは、途中過程をすっ飛ばして、基本塗装終了。いつもの練り消しマスキングで仕上げました。塗料はクレオス特色のビン生。機体の帯は少し自家調色でいじったダックエッググリーン。主翼前縁の黄色の帯はRLMイエローです。これからタッチアップの嵐でございます(笑)

201403120004.jpg

マスキングを剥がしたら、塗膜を持っていかれましたorz
一応、部品は洗浄したので離型剤とは思えないのですが・・・。
この時期、ワタクシは皮膚の乾燥対策でワセリンを塗る事が多いので、手に残っていたのかなぁ・・・。

201403120005.jpg

あっ、でも塗装剥がれを再現しましたって言い張ればウェザリングに見えなくもない・・・訳ないか(汗)

201403120007.jpg

DC-10はクリアーをチマチマと吹き重ねております。一度濃いめのクリアーを離して吹く「砂吹き」と言うのをやってみて、それから薄めのクリアーを少しずつ吹き重ね。

201403120006.jpg

二枚の画像でお解りいただけると思いますが、シルバリングが激しかった側がちょっと凸凹しています。遠目に見ればそこまで目立ちませんが、今後の作業で改善することを祈るばかりです。



最後になりますが、あの震災からちょうど三年が経ちました。

首都圏に住んでいる私は、生活上、震災で受けた影響など小さなものです。

それでも、自分の人生を変えるような大きな出来事でした。

大した事は出来ない身でも、悲しい思いをされたすべての人に笑顔のある生活が還ってくるよう願うばかりです。






本日も、お付き合いに感謝です。



2014-03-12(Wed)
 

東欧からの援軍

201405100003.jpg
剥がすのが怖い。

皆様、こんばんは。
静岡まであと何と一週間。どなたかのブログで気が付く始末です(笑)
呑気にブログなんか更新してるばあいじゃないかも。
前回、黒サフを吹いたところまでお届けしております。写真はキャノピーの縁の部分だけマスクを剥がしたところ。

201405100004.jpg

クリーム色っぽく塗られてるので、クレオスのレドーム色を吹いて再度マスキングします。

201405100005.jpg

機体はクレオス73番のエアクラフトグレーの瓶ナマです。気持ち、パネルラインを塗り残しております。エアブレーキや脚収納庫の扉裏側などは、以前RAFラウンデルの赤用に調色したダルレッドです。
塗ってから、所々粗を見つけて、パテ盛り→サフ吹きからやり直しているグダグダの図がこちら。

201405100001.jpg

排気口周りは、無塗装の焼けたシルバーになっています。この辺りはファントムのご先祖だなぁと感じるわけですが、ガイアのスターブライトジュラルミンとかダークステンレスシルバーとか、適当に吹きまして、つや消し黒で調子を付けたのがこちら・・・塗装が下手くそなのは言わずもがなとして、正直何か物足りない・・・。

201405100002.jpg

完全に順序を間違えてますが、実機の写真を見てて目立ったので、玉ぐり工具でリベットを打ちました。
少しは暑苦しさが増したでしょうか?

201405100006.jpg

小物も並行して進めなくてはいけないのですが、機首のピトー管はちょっとキットのパーツでは力不足が否めません。当初真鍮パイプで置き換えるつもりでしたが、残り時間を考えると手間がかかりそうな形状。
いつもは手を出さないアフターパーツ。大体ヴードゥーのパーツなんて・・・と思ったらネットで発見(笑)
ポチッてしまいました。ポーランドから、はるばるヘッポコモデラーのもとへようこそ!

201405100008.jpg

なかなか良い感じです。
尖端は見事にとがってるので取扱い注意です。

201405100009.jpg

あいこち修正しつつ、基本塗装が終了。アンチグレアは下地の黒サフのまま。真っ黒とも違って、結構良い感じのつや消しなのです。機首のレドームはつや消し黒で別に塗って質感の違いを再現する・・・つもりです(汗)

201405100010.jpg

そんなこんなでデカール始めました。U.S. AIRFORCEのマークが入ると途端にヴードゥーらしくなるなぁ。
かなり細かいコーションレターまでキットに付属しています。近年のレベルらしくイタリア製のデカールは最高です。
頑張って全部貼るのだ・・・。
・・・せめて上面は(笑)

静岡に持っていくことを目標に頑張るのでありました。

本日もお付き合い頂き感謝です。

2014-05-11(Sun)
 
Profile

so-suke

Author:so-suke
~牛歩な模型製作とウシの独り言~

出戻りの飛行機プラモ好きです。
1/72をロースキルでお気楽制作中。

正体は草とビールが大好物のオス牛。
時々、カメラを持ってお散歩なども。

シューマイとブルーライトの街、
横浜の丘陵地帯に放牧中。
よろしくお願いいたします♪

Comments

openclose

Instagram
More
CssTagCloud

Mig15  Anson  He112    SpitfireMk.I/IIa  Bu133  SpitfireMk.14e  SeaHurricane  SpitfireMk.Vb  SeafireMk.XVII  SeaFury  MeteorMk.4  I-185  お買い物  F-86  Whirlwind  MAZDA_R360  SpitfireMk.XVI  SpitfireMk.Ia(AZ)  F-101  Gloster_Javelin  BMW_MINI  GlosterE.28/39  F-100F  A.E.C.Matador  二式水戦    F-16B  P51-D  B747_DreamExpress  SBC-4  T-4  MosquitPRMk.IV  DC-10  おでかけ  Mazda_T2000  sbc-4  初霜  食いもん  Lancia_Stratos_Turbo  SpitfirePR.19  

Archives
Since 27 Aug. 2010
参加させていただいております
Blog Modelers
20100105164133af6.gif
201012210056114fc.gif"
numazu-victims240_144.gif"
零戦祭り"
ガチです"
free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。